Search


2009年10月30日

長崎(30)|長崎新地の中華街と、そして帰路

★10月25日から26日の内容です★

市内を、あてもなく路面電車に乗ってぶらり旅をした後は、長崎新地の中華街へ寄ってきました。横浜の中華街に比べたらちっちゃいけど・・・・。でもやはり風情はあります。




グラバー園の中で「角煮まん」というの食べましたが、これがまた美味! もちろん店によってもかなり違うと思うけど。3日くらいコトコト柔らかく煮込んだ豚の角煮をはさんだ中華まんです。店によっては「大トロ角煮」とか「六日煮込み」とかじゅるるなメニューもいっぱい!

新地についた時はまだディナーにはちょい早めの時間だったので、お食事のできるお店はまだ準備中のところも多かったのですが、店によっては営業したいたので、やっぱりこれは食べなきゃと、長崎ちゃんぽんを食べてきました。大村へ帰っても、今日は「鉄板焼ききぶん」お休みなので、ここで腹ごしらえ。

最期のシメは、ひとりお部屋で「ムフフ」と味わう「からすみ」と焼酎。一般なりのからすみはおみやげにも買いましたが、スライスしたからすみ「5ピース」とか、おつまみにちょっといい感じのを売っているのね^^ これなら手頃だし、夜ホテルで・・・とか、帰りの電車の中で・・・・とか受容ありそうですね。ってなことで、からすみを味わいながら、一人お部屋できゅーんと焼酎を飲むぷぷちゃんでした。

さて、一夜明けて10月26日、レークイン大村の最後の朝ご飯を堪能していざ帰路に! 帰りの高速バスはキャンセルしたので、大村から諫早へ出て、諫早から特急かもめで博多へ、博多から新幹線のぞみで名古屋へ! 帰りは早かった!

長崎(29)|長崎の祭りと大浦天主堂と坂道と

★10月25日の内容です★

長崎で襲名な「祭り」といえば、「くんち」!
グラバー園の出口付近に長崎伝統芸能館というのがあり、くんちに出された勇壮な「船」が展示されていました。大画面での祭りの映像の上映もあり。

グラバー園を出て、お店の建ち並ぶ坂道を散策・・・・・。

大浦天主堂へ立ち寄りました。


特に買いませんでしたが、カステラをあちこちで見かけました。

駅前の雑多な中に戻ってきました。

長崎(28)|グラバー園

★10月25日の内容です★

さて、グラバー園。

まずは正しいグラバー園のショットから。

そもそも「グラバー園」って・・・・。まず、グラバーさんというのは、人の名前です。時は、ペリーの浦賀入港6年後の1859年(安政6年)、横浜・函館ともに開港された長崎に、開港と同時に21歳で来日し、グラバー商会を設立。幕末の激動の時代の中、志士達を陰で支え、伊藤博文らの英国留学を手伝うなど人々への援助を行い、明治以降は純経済人として、日本の近代科学技術の導入に貢献した人です。長崎港を見下ろす絶景地にあるこのグラバー園には、グラバー氏をはじめとし、日本近代化に貢献した人々の邸宅を中心に大切な遺構を出来る限り保存しようと集められ、歴史ロマンに彩られた庭園となっています。

トーマス・ブレーク・グラバー(1838~1911)

以下、実際に観た順番とは関係なくUPしています。ほぼ解説抜きです。










長崎(27)|長崎市内見物

★10月25日の内容です★

今日は長崎市内見物をします。・・・・って、やっぱぺんぎん!?

市内で見つけたポスターです。特にアクセスはしなかったのでどんな情報がのっているのかはチェックしませんでしたが、旅のお供はやはりぺんぎん!?

なんと! 長崎ではタクシーもぺんぎん!?

乗ったわけではないですが、たまたま見かけたタクシーがぺんぎんでした。私の地元のタクシー(大曽根タクシー)も「ぺんぎんタクシー」で有名だけどね^^(沖縄にも「ペンギングループ無線」というタクシーがあるらしい)。

長崎といったら「路面電車」、チキンラーメンだぁ!

レトロなままのも走ってましたが、市バス都バスなどと同様、ラッピングカーも多く走っていました。そんなこんなで、路面電車に揺られて、まずはグラバー園へ。グラバー園へのアクセスは主に、路面電車5番系統(石橋行き)に乗り継ぎ、「大浦天主堂下」もしくは「石橋」下車です。大浦天主堂下の場合、おみやげ屋さんの列ぶ道を通り抜け、徒歩約15分で正門(第1ゲート)へ、そこから園内を歩きながら園内の高台をめざす感じ。石橋下車の場合「グラバースカイロード」という、世界でもめずらしいナナメ横に登っていくエレベーターで一気にグラバー園の頂上をめざし、展望のよい第2ゲートより入場します。

ぷぷちゃんは石橋まで乗り、グラバースカイロードに乗ってみました。

いきなりの眺望好しです^^ お天気イマイチなので色があまり綺麗じゃないけど、もっと晴れたら港や山がもっと綺麗なんだろうな。


なにはともあれ入場です。


2009年10月29日

長崎(26)|長崎の鉄板焼きと朝ご飯

★10月23から25日の内容です★

10月23日、24日、25日と、長崎県の大村市に宿泊中のぷぷちゃん。23日のハウステンボスの日も、24日の長崎ペンギン水族館の日も、あまり夜遅くならないうちに大村市へ移動^^ ハウステンボスの日も園内でディナーした方がきっとお店もイッパイあっただったろうし、でも、あんまり遅くなると「夜」がコワイから・・・・。一応オンナノコの一人旅だし・・・(こんな時だけオンナノコゆうな! でもホント、知らない町での夜一人ってのはやっぱぷぷちゃんでもちょっとコワイの)。大村については宿泊地以外下調べ無しで行っちゃいましたが、まぁなんかあるでしょうと・・・。慎重なのかいい加減なのかワカランやつだ。

大村駅へついてみたら、思ったより、何にもない・・・・・。空港が近いからもっとお店とかあるかと思ったけど、みんな直接空港へ行っちゃうパターン? でも、いいお店発見しちゃいました^^ お泊まりしていた「レークイン大村」のすぐ近く(駅からもすぐ近く)の鉄板焼きのお店。お洒落なドアにガラスのスリットが入っていたので、外からも店内の様子がなんとなくわかり、オンナノコ一人でも入りやすい(私以外のオンナノコが一人で入りやすいかどうかは知らないけど、少なくても大多数のオンナノコでも最低2人なら入りやすいって感じ?)いい感じのお店でした。

お店の名前は「鉄板焼きぶん」です。(写真は昼間に撮影)

外観です

23日はまず、始めてなのでソロ~っとドアを開け・・・・ 「一人」だと告げるとちょっとびっくりされたけどカウンターの右端に通されました。その後、お店の人が来て「今、オーダーが混み合ってるからお料理遅くなるかも」と遠慮がちに言ってきたのですが、「どうぞどうぞおかまいなく」って、特にハラペコでもなかったし(レークイン大村の美味しい朝ご飯をしこたま食べたきりではあるが・・・・)、ただ、一人、部屋にいても仕方ないのでお店にぶらりと来たってとこだしね^^ だんだんと、あたりの様子に慣れてくると、「いい感じのお店」なんだけど、いい感じすぎて、お客さんイッパイで、確かにオーダーがさばけてない・・・。ウレシイ悲鳴かな?

24日夜もやってきました、鉄板焼きぶん! 実は一度店の前まで来たら前の客が「満員」で断られていたので、ちょっとお散歩してからもういちどチャレンジ。今日もカウンターの右端の席。昨日の今日で、昨日のお料理の出の遅かったことにまたもやマスターがペコペコと・・・・、んでもって、今日も遅くなるとペコペコと・・・・。2度目になると、すでに勝手知ったる人の店ってか、やっぱり一人、部屋にいても仕方が無く店に来ているので「料理は落ち着いてからでいいから」と、オーダーせず、「ビールと焼酎だけ出しといて」ってどんな客やん。「料理は落ち着いたらメニューちょうだい」って頼んで、しばらくはお酒のみのみ今日撮影した写真のチェックとかしていました。

一定の時間までは本当に満員御礼の大騒ぎって感じでしたが、ちょっと遅くなるとお客もひけてゆったりした感じ? (その辺はやっぱ地方都市? 東京じゃ朝4時とか5時とかまで不夜城やもんねぇ) そこで再び、マスターが現れてピョコピョコ頭を下げて・・・・。メニュー出して貰いました。って、ホント全然気にしないでね^^ って、ところで、昨日も食べたけど、この「自家製しいたけ」ってのがとにかく美味しくて、実は今日もそれを食べに来たんだって話をしました。

カウンターから見た「しいたけ」の様子

すっかりマスターとも「なじみ」になってしまい、ちょっと「生」でみせて! ってお願い。

この素晴らしい肉厚さ!

どれだけ大きいか、お店のオネエチャンに持ってもらっちゃいました^^ ヤバ、ゴメン、オヤジ炸裂で・・・・。見た目、姐さんだけど(@@ オヤジ丸出しのぷぷちゃん

焼いたらこうなるのよねぇ、プリップリの食感!

他にももちろん食べた~
「牛」

「豚足」

朝になったら

レークイン大村の朝ご飯! ほんと2日目以降は「勝手知ったる人の家」・・・・。どこに何があるかわかんないオッチャンや、パンをどうしたらいいかわかんないオッチャンや、お湯の出し方わかんないオッチャンに勝手に手取り足取り指導? してますた! なんかわかんないことがあると私の方を見るの。こっちも「大丈夫かな?」と思って見てたりするので、目があっちゃうのよね^^ んでもってなごやかムードに和気藹々と^^


さて、今日もおでかけだね^^

長崎(25)|もっと身近な「ぺもの」もいっぱい

★10月24日の内容です★

もちろんおみやげ屋さんもぺんぎんだらけ。その名も『ぺんぎんSHOP』って、まんまやん。おまけに「ぺんぎん」の表記も、ぷぷちゃんオキニのひらがな表記。気も狂わんばかりに買いあさってきました。さすがに買い込む量も大量なので、SHOPのおねえさんたちともおしゃべりしてきました。まぁもっともココはマニアなお客さんも多いので、ぷぷちゃんみたいな人がめずらしいわけでもないでしょうけれども・・・・。

また、館内では「Penguin Gallery」オリジナルのイヤーズプレートも展示&販売されていました(上のカレンダーもそうですね)。上記のお店はネット販売もしている超有名店なんだけど、そのページを開けると破産してでも「ぺもの」を買い続けそうなのであまり見ないようにしています。(歯止めがきかなくなって狂ったように買いあさりそうで・・・・・)。
★クリックで拡大します★

長崎(24)|まだまだ続く「ぺもの」コレクション

★10月24日の内容です★

こちらは「ペンギンコレクション」を執筆された上田一生先生のコレクションの一部。主に切手やお札などになったペンギンさんのコレクションが展示されていました。
★この記事は大きめの写真を縮小してUPするので画像クリックで拡大写真を見ることができます★




これもなかなか美しい切手ですね

右下のコが好きです

長崎(23)|ペンギングッズギャラリー

★10月24日の内容です★
長崎ペンギン水族館のペンギングッズギャラリーは圧巻です!

まさに世界中から集まられた「ぺもの」たちは、とても魅力的です。大きなものから、小物まで、世界中の人々が愛してやまないペンちゃんたちのかわいい姿を愛でていきましょう^^








長崎(22)|ペンギン水族館のパネル展示

★10月24日の内容です★
ペンギンといえば「環境問題」ともいつも隣り合わせの存在。タンカーの座礁による油まみれのペンギンの救済など、自然界では絶滅危惧種(一部の種を除く)のペンギンたちとの共存を促すパネル展示なども豊富です。
(画像クリックで大画面になります)

各種による「生態」の違いなど、ペンギンについての色んなことが学べます

【アデリーペンギンのくらし】 ※当館にはいません

【キガシラペンギンのくらし】 ※日本にはいません

長崎(21)|ビーチからの帰り道

★10月24日の内容です★
ふれあいペンギンビーチは午後3時終了です。なんと、その頃になると、ペンちゃんたちが自発的にお部屋へ帰ろうとしはじめます。OPEN当初は飼育員のお兄さんやお姉さんが一生懸命集めていたんだけど、この頃は「体内時計」でもうわかっているんですね。

ボーっとしているようだけど、噛むから、むやみにペンちゃんたちに手を出さないでね^^


わらわらと、館内へと無事戻りました A(^ー^;

長崎(20)|ふれあいビーチのお食事タイム

★10月24日の内容です★
ふれあいペンギンビーチに参加しているコたちは、お食事もビーチでとります。より自然界に近い状態でペンギンが活動できるよう、海にエサを放り投げて海の中でお食事もします。

もっとも、ちゃんと「台本どおり」海に向かってくれる子もいるけど、お姉さんの持っているバケツの中にゴハンがあることを知っているので、ゆうことをきかない子もいます。ペンギンって本当に個性的ですね^^

長崎(19)|いよいよ登場「ふれあいビーチ」

★10月24日の内容です★
そして・・・・、やっと登場の本命の「ふれあいペンギンビーチ」!!!
現在の長崎ペンギン水族館のフンボルトペンギン57羽は、全員が長崎生まれの長崎育ち。そのペンギンちゃん達を、あえて「本物の海で泳がせよう」という、世界初の試み!!!!

★長崎ペンギン水族館のホームページ★

本来のフンボルトペンギンは、フンボルト海流が流れ込む南アメリカの沿岸地域に暮らしており、主にペルーからチリにかけて繁殖しています。本来の生息地では、環境破壊やエルニーニョなどにより個体数の減少が続き、国際自然保護連合 (IUCN) のレッドリストで絶滅の危機が増大している「危急」 (VU - Vulnerable) に指定されています。もちろん、ワシントン条約による取引も厳しく制限されています。
でも、日本で最も飼育数が多いペンギンで、なんと生息数の一割以上が日本の水族館や動物園で生活しているとも・・・・・。



長崎(18)|長崎ペンギン水族館の企画

★10月24日の内容です★
長崎ペンギン水族館では様々な企画も行われています、ペンギンに触れたり、エサをやったり・・・。

ちなみにぷぷちゃんはこういったイベントにはあまり参加はしません。基本的に動物は遠巻きに観ている分には好きなんだけど、触ったりするのはちょっとニガテなんです。犬でもネコでも・・・・・。インコは飼ってたけど、ペンギンって大きいし・・・・・・。ハ虫類と両生類、昆虫は平気なんだけどね・・・・・。



体験学習などに学校単位で参加したお友達から、感動と喜びのメッセージを「絵日記」にしていっぱい送られていました^^ これってきっと飼育員のお兄さんやお姉さんたちにとって、すっごくウレシイことだよね、そのウレシイがきっとペンギンちゃんたちにも伝わって、水族館全体が「楽しい」になるんだね^^

長崎(17)|温帯プール

★10月24日の内容です★
さて、ペンギンと言えば「南極」ってイメージがやはり強いようなんだけど、ペンギンは別に「南極」に限って生息しているわけではありません。温帯プールではアフリカ、チリ、ペルーなどで主に繁殖する「ケープペンギン」、「フンボルトペンギン」、「マゼランペンギン」が活躍中。


彼らは、より「人間的」な仕草や表情をよくします。

そして、ここでのお食事タイムも、またまた大騒ぎ・・・・・・。

人間で言うところの「ピーナッツ投げ」というか、ここのペンギンちゃん達は、お兄さんやお姉さんが投げたエサ(お魚)をみごと空中でキャッチします。こんなこと、野性のペンギンちゃんにはできません。だって泳いでいるお魚やオキアミを食べているのだから。ここのフンボルト君たちはみんな、長崎生まれの長崎育ち・・・。ご希望とあらば色んなポーズで、「エサパックン」しちゃうよ^^

長崎(16)|コガタペンギンゾーン

★10月24日の内容です★
ニュージーランドやオーストラリアなどに生息する、世界で一番小さなペンギン。

色んな呼び名があるけど、ぷぷちゃんのサイトでは基本的に「コガタペンギン(何と言っても体が小さい)」でほぼ統一。その他に「リトルペンギン(前出と同じ)」、「ブルーペンギン(他のペンギンより体が青い)」、「フェアリーペンギン(その風貌から・・・だが、獰猛故に却下かな?)」。メルボルンのフィリップ島のペンギンパレードなどオーストラリア、ニュージーランドではよくその姿を見られます。

国内でコガタペンギンを飼育しているのは、「東京・葛西臨海水族園」と、「横浜・八景島シーワールド」の他、この「長崎ペンギン水族館」だけど、コガタペンギンの観察に一番オススメなのは、この長崎ペンギン水族館。

長崎(15)|ごはんの時間は大騒ぎ!(亜南極水槽)

★10月24日の内容です★
のんびりゆったりペンギン水槽・・・・・、でもお食事タイムになるととたんに大騒ぎ!!! どこの水族館や動物園でも「エサやりタイム」は一種の見所だけど、この水族館の「エサやりタイム」は、ひと味違う!!! エサを使ってよりペンギンの様々な「動き」を「魅せてくれる」のである。

おねだりするペンギンに走らせながらエサを与えたり、口元よりちょっと離れたところへエサを差し出すことによってペンギンが首を細くのばしたり、広い水槽内を右へ左へお兄さん達が移動するものだからペンギン達も、必死で後を追って行きます。真面目にテクテクついて行く子もいれば、ガラの悪いヤツもいます(笑)

また、水深4メートルの巨大水槽を活かして、「水中でのエサやり」も見ることが出来ます。この日は女性飼育員のおねえさんが、元気なジェンツー君に囲まれてエサをあげていました。陸の上ではヨチヨチしているペンギン君たちも、水の中ではフリッパーや足を使ってグイッグイッ・・・・と泳ぎます。一方、重装備なニンゲンってなんだか不便ね・・・・。

たくさん遊んだら、あとはお休み・・・ (ペンギンがこんな感じで動かなくなっている時はたいてい眠っています)。

長崎(15)|亜南極ペンギン水槽

★10月24日の内容です★
館内へ入るとまずは亜南極地域に住むペンギンさんたちの巨大なプールが登場します。ここで生活しているのは、キングペンギン、ジェンツーペンギン、イワトビペンギン、マカロニペンギン(この子たちだけ中で仕切られた別のところにいました)の4種。


室内もなかなか快適そうで、ペンギン達が興味津々に「観覧者」の方をのぞき込んだり・・・。みんなが次々に顔の前に四角いもの(デジカメや携帯)をかざしていく姿をどう思っているんでしょうね。

この長崎ペンギン水族館には、世界最長飼育記録を持つ「ぎん吉君」がいました。キングペンギンの平均寿命は20年だそうですが、なんとその約倍の39年9カ月と15日というう記録でした。今はその「娘」にあたる、ぺぺちゃんがやはり「ご長寿ペンギン」として、今年32歳を迎えました。

長崎(14)|長崎ペンギン水族館へ!

★10月24日の内容です★
いよいよ本当に長崎ペンギン水族館へ来ました!!!!!! 大村駅から長崎駅へJRで出て、長崎駅前から県営バスに乗って「ペンギン水族館前」ということろで降りました。(曜日によって変わることもあるので本当に来るときにはちゃんとチェックしてね)。

長崎(13)|ウワサの朝ご飯

★10月24日の内容です★
ぷぷちゃんが長崎でお泊まりしたのは、長崎市内ではなく、なんと大村市ということろ。ちょっと不自然な気もしないではにが、まぁなんだか日程の関係もあってこのホテルがが一番ベストだったのでここにしました。

長崎空港のある町で、空からも陸からもアクセス便利でリピーターも多いとか・・・・。そして何より「朝ご飯が美味しい」という口コミに惹かれて、GO!!!! すっごく快適なお宿でした。


施設は決して「新しく」はないのですが、清掃などが行き届いていてとても快適。おまけに今まで、「関東プライス」に頭が慣れていた私には「激安」。えーーーーーーーこの、お値段でお泊まりしちゃって、朝ご飯も食べ放題でいいいんですか????


んでもって、ウワサの朝ご飯!!!!

2009年10月28日

長崎(12)|夜のハウステンボス

★10月23日の内容です★
ハウステンボスの一日も終わりに近づきました・・・・。ってか、毎度のことながら、一旦UPしはじめるとものすごいボリューム!!! 写真になるべく人物を入れずに写しているので全然人影が見あたらなく思えたかも知れませんが、実際には修学旅行生やら団体客やら長期滞在客やら別荘のオーナーやら、地元の年間パスポート持った人などがいっぱいでした。私はあんまり「お店」には入らなかったのですが、お店とかはかなり人でいっぱいでしたね。

ここでもあいかわらず、人に道を聞かれたり、修学旅行生に時間を聞かれたりのぷぷちゃんでした。

やっぱり見た目はアヤシくないんだなぁ

長崎(11)|ハウステンボスの海、そして運河

★10月23日の内容です★
町並みと、お花と食べ物と・・・・、あんまり写真には登場しなかったけど、本当は素敵なお店もいっぱい!!!! のハウステンボス。大村湾に面している為、もちろん海の施設もあります。


長崎(10)|パレスハウステンボス

★10月23日の内容です★

ハウステンボスの最も奥まった所にあるのが、このパレスハウステンボス。まさに森の中に包まれたお家というよりお城。バラ園と、ギャラリーと、ゴシックガーデンと、噴水があります。



ギャラリーでは、世界で最も「長い」タペストリーの展示がありました。一人ひとりが一定の範囲を担当し、高さ45センチ、長さなんと・・・・125メートル!!! これは西暦2000年、オランダの南西地区のゼーランド州というところで男女243人によって作られたそうです。世紀の変わり目の年に、自分たちの住むゼーランドの美しい風景や風習、個人の体験や歴史的イベンとなど様々なモチーフが刺繍で描かれています。(本当はもっと色がキレイなんですが、あまりキレイに撮影できてなくてごめんなさい)





長崎(9)|ハウステンボスのボタニカルランチ

★10月23日の内容です★

自然豊かなフォレストガーデン傍のレストラン「トロティネ」では、植物を使った料理”ボタ二カルメニュー”を楽しむことができます。フランス人シェフの、ローラン・ジャンマリー総料理長は、以前からからだにいい薬膳料理に興味をもち、ハーブや食用花などの研究を独自に重ねてきたそうです。現在は、コテージが立ち並ぶフォレストパーク内にシェフズガーデンを開設し、ガーデンスタッフと相談しながら、長崎の気候に合ったハーブや食用花を育ています。季節ごとに異なるボタニカルメニュー(他にも多数あり)は、目にも楽しい。

料理の名前や内容は説明は受けたのだけどとても覚えきれないので、あくまで私のコトバで書いていきますね。まず最初は、色々なものを包み込んだキッシュ。キッシュというのはパイ生地やタルト生地の中に色々な具材を混ぜてオーブンで焼き上げるもの。

これは、何と言ったらいいのかな? お肉といろんなハーブ合わさった・・・・テリーヌでもないし。でも、なんだか体の中に「気」が入ってくるようなそんな、それでいてとても優しい味でした。

このスープもなんだかちょっと変わった感じ。ベースは「カブ」? 違ったらゴメンナサイ。ちょっと変わった風味のハーブがアクセントになっていました。

これは生ハムとクリームチーズ

ナスのドリア。タマゴをくずしていただきます。

そしてシェフズサラダ! シェフズガーデンで育った食用花がとってもキレイ。

ドレッシングはもちろん自家製。元々ビネガーやオイル、リキュール、シロップ、塩・コショウなどに植物を使い、オリジナル調味料も創作しているだけあって、ものすごく不思議なおいしさ。

もうこうなったら、ゼッタイ美味しいに決まっている焼きたて自家製パン。単なるパンではなくここにもボタニカルな秘密が!!!

最後に来ました!!!! これがまた最高! 右側がパンにつけるオリーブオイルなんですが、左の2つが自家製ソルト。左のが植物の種、真ん中のは食用花などが用いられたものでした。


飲み物は特に写真に撮りませんでしたが、お水と、食後のブラックティーで♪


長崎(8)|ハウステンボス街角散策

★10月23日の内容です★
とにかく、様々な情緒のあるハウステンボスです^^ 街角散策をいたしましょう^^



長崎(7)|ハウステンボス-アトラクション

★10月23日の内容です★
ニュースタッド地区を中心に様々なアトラクションがありました。やっぱり、映像を駆使したものが主かな????


長崎(6)|ハウステンボス-ブルーケレン

★10月23日の内容です★
キンダルデイク地区の手前、入出国ゲートのあるブルーケレン地区。そこには、中世の白をモデルとしたナイアンローデ城があり、その2階には、テディベアミュージアムがあります。テディーベアミュージアムって、那須とか、伊豆とか色んなところで見たなぁ・・・・・。





長崎(5)|ハウステンボス-キンダルデイク

★10月23日の内容です★
ハウステンボスといえばまず思い浮かべるのが、この風車。ここは、ハウステンボスの中の「キンダルデイク」という地区。風車を見て、運河を眺め、季節折々の花を愛でて、まるでオランダの田園風景。




※なぜ「オランダ」かというのは、言うまでもないが、ここが長崎であり、オランダと深い繋がりがあるからであり、その意味のよくわからない人はちょいと歴史をひもといてくださいな。ここでは割愛します。

長崎(4)|ハウステンボスってどんなところ?

★10月23日の内容です★
元々なんとなく存在は知っていて、森とお花畑と、自然と調和したお店なんかがあって、焼きたてパンとか、チーズとか・・・・・季節の美味しい食材使ったレストランがあって、ホテルや別荘や、マリナーもある、綺麗な所・・・・・っていうイメージをずっと描いていたかな?

単なるテーマパークとかじゃなくて、ボタニカルリゾートって呼んでいるみたいだけど、とにかく自然を生み出す植物の恵み(チカラ)を取り入れることで、心地いい良質なライフスタイルを提案していくことを目的としたところのようですね。CO2の排出量を削減する仕組み作りや、フードマイレージへのこだわり、オーガニック、リサイクルの取組みなど、ひとつひとつの小さなステップを提案しています。


まわり中、お花がいっぱいの町並みです。

長崎(3)|まずはハウステンボスから

★10月23日の内容です★
まず最初は、ハウステンボスへ行きました。みんなの制止を振り切って高速夜行バスで。だって「佐世保・ハウステンボス行き」ってのがあったんだもん。夜の間はなかなか寝られなくって、でもまぁいいか・・・・・と割り切っているうちにだんだん朝になり、最初にカーテンがあけられた時は、佐賀県にいました。武雄温泉とか何カ所か停留所をまわって、私以外の人はみんな佐世保で降り、私一人ハウステンボスの入り口前のバス停に降り立ちました。

開園まであと1時間。一人でどうせいというのだ??? 入り口のまわりには、ガーデン用のベンチや自動販売機などもあったので、そこでちょっと荷物の整理をしながら持ってきたオニギリをパクついていました。しばらくポケーとしていたら、

一人の男の人が近づいてきて

     「僕、写真をやっているんですけど、
          撮らせて頂いていいですか」って、

!!!∑(゚ロ゚!(゚ペ?)??? こんなアヤシイ人撮ってどうするんだ?

(いつも通りスッピンだし、
     ほぼ一睡もしてない状態だし) 

その方は修学旅行に付いてきたカメラマンの人のようで(その後も園内で何度もすれ違った)、なぜか本気らしいのだが、丁重にお断りしました。自分で思っているほど「見かけ」はアヤシくないってことなんでしょね、まぁ顔は「スッピン」だけど、気を抜いていても何重にも「ねこ」かぶってるからなぁ

さ、いよいよ開園だ!!!!! 入園でなく、ここでは入国というのか・・・・

長崎(2)|行くまでが大騒ぎ!?

★10月22日夜に出発する以前の内容です★
7月頃から「行きたい」と言い始め(いやもっともずっと前から行きたかったんだけど)、勤務の都合も予算の都合もあるし、夏休み中は混むかどうかより、台風に遭遇しやすいので台風シーズンが過ぎてからにしようと計画。そして10月22日~26日を連休になるように勤務を調整しました。元々台風シーズン避けたのは、ごく一般的な意味でだったんだけど。なんと10月8日頃、とてつもなく巨大台風が愛知にやってきた!? 日程的には問題ないんだけど、気圧が下がるとぷぷちゃん自身のメンタルが低下しやすくなって・・・・・・ 10月12日にぷぷちゃんは壊れました。

そんなに重度ではないので、13日はムリヤリ会社行ったけど結構「鬱」入り状態でした。長崎へ行こうとしている自分と、その計画がどうしてもたてられなくなっているぷぷちゃんがせめぎ合っていました。長崎に行けなかったらどうしよう!!! でも、まぁどうせいつも「計画」なんてギリギリにたててるからダイジョブダイジョブと、前向きなぷぷちゃんが鬱々なぷぷちゃんの背中をポンポンとたたいていました。


14日には、ぷぷちゃんの心の中の暴風雨圏も過ぎ去り、残すとこあと1週間だけど、なんとか計画立てられそう^^ ・・・・・てな時にだよ、家に帰ったら、なんとネットが繋がらない。

なんで? PC立ち上がらないとか、ネットに繋がらないことはままよくあることだけれども、どこをどうみてもWAN側(ネットワークの外側)に繋がっていない。コルセンの仕事しているわりに電話がニガテなので、自分からどこかに電話で聞くなんてことは想像もつかず(つーか、自作マシン使ってる方どのみちサポート外だしぃ)、・・・・・・・????? そうこうしていたら、まるで私のテレパシーをキャッチしたかのように某回線事業者から電話がかかってきて「異常なアクセスがあったため回線をお止めしておりますが、最近何か回線や配線を変更されましたか?」って。いや別に、「ちょっと自分が壊れてました」なんてことはもちろんいいませんでしたが、状況を確認する為に、スタッフを派遣したいとのことでした。

えっ!? ってことは、ネット使えないの??? まだ予約とか何もしてないのに。でもまぁ仕方ない、なるようになるさと・・・・。結局、トントン拍子に連絡が取れて17日に技術者の人が来てくれて、特に問題なくネット回復して、ネットの回復から宿の予約などなど一日で旅の準備OK!

長崎(1)|長崎へ行ってきたよ~

この頃、全然BLOG更新できてないぢゃん。でもともかく、はいはい、そうそう、長崎行ってきました!!! そして念願の長崎ぺんぎん水族館! 行ってきたよ~!!! 超よかった!!! これから、BLOGにその前後の様々なドタバタ含めて書いていくね^^ 毎度のことだけど記事を読みやすくするためもあってUPする日にちを「現実」とは変えまくってUPしていきます。はい、本日本当は2009年12月12日っっす!!!!