Search


2011年01月17日

名古屋港水族館ジェンツーペンギンの野外展示(2)

1月15日の記事の続きです、もっと観てね♪

このユキダルマみたいな雪の彫刻はペンギンが作ったのかな?

ペンちゃん集合~♪

何かあったの? 何かあったの?

わぁ「ペンギン柱」!?

なんかいい感じ

昨年より確実にりりしくなった感じ

足もちょっとたくましくなった?

そして佇むペンちゃん

何を考えてるのかな? 何を感じているのかな?
ペンちゃんたちはマイペースでそこにいるだけなのに
観ている者に、癒しと安らぎと笑いを届けてくれる。

2011年01月15日

名古屋港水族館ジェンツーペンギンの野外展示(1)

昨年に続いて行われた「ペンギンよちよちウォーク」!
聞くところによると、1歳と3カ月ほどのジェンツー君
・・・・・・ってことは、昨年「野外」にでてたコかも!!!

なーんていいながら、やったきました
「しおかぜ広場」~あぁ、昨年と違って、マジ寒い

やっぱり雪には興味津々

傾斜に気を付けて!

何かあるのかな?

登る!

登った!!!

でも雪って気を付けないとツルンってなるの

今回の開催は2010年12月23日~2011年01月30日まで。

「お散歩」は期間中毎日
11:45~12:00
15:00~15:15
の2回。

雪山での「野外展示」は
金・土・日・祝および1/3のみ。
12:00~15:00

名古屋港水族館に新しく来たシャチの「ナミ」が死亡

シャチのクーチャンが亡くなってから、名古屋港水族館ではものすごい努力をして新しいシャチの受け入れを望んできました。そして、今度こそ「繁殖」に成功できるよう全力で尽くしてきました。

・・・・・。でも、来館7カ月という短い期間で、シャチの「ナミチャン」は、あまりにも唐突に逝ってしまいました。何が悪いの? 何か問題あるの? シャチの中でも種別が異なりますが、千葉県の鴨川シーワールドでは、元気なチャチの大家族が活躍してるというのに・・・・・。


ナミちゃん・・・・名古屋港にいたクーちゃんや、クーの一年前に逝った、アスカたちとどうか本当の自由の楽園で幸せにしてね。人間のエゴが、あなたたちの命を縮めてしまったと思います。本当は、分かり合って共存したいからなのに・・・・。私のアタマの中では海棲生物がラインダンスをおどっています。浮かれているばあいじゃないのに! あぁ、海棲生物のラインダンスがとまらない(><)