Search


2011年08月16日

2011年08月16日新江ノ島水族館へ行きました


新江ノ島水族館へ行ってきました

何の展示? oo(><)水族館の 記念写真スタジオ用小物をこそりとパチリ。夏休みだな。



みんな水槽の前に行くと「四角い物」を取り出してそこにかざす・・・・
大人も子供も・・・・・
水槽の中から観たら奇妙な光景だろな、そうだろな・・・・。
自然界から切り取ったミニチュアの断面図をさらに
パノラマノイズに切り取ろう、切り取ろう・・・・。


開き直って水槽の入り口ちっちゃくししゃいました~? (笑
なんだか「のぞき見る」楽しさ、フレキシブルだな。

ダンスを踊りませんか?

ほいほーい、やはりぺんちゃんなのだ。




並んでる^^

しらすもなかたべました

イルカジャンプ

人もジャンプ


※この記事は2012年11月に書いています(汗

サンシャイン水族館リニューアル

東京池袋にあるサンシャイン水族館のリニューアルに行ってきました

大改装後の初めてのサンシャイン。ちょっとドキドキ♪

なんとエレベーター待ちだけで、240分~150分待ちという大賑わい^^
そうだうなぁ高層階にあるっていうだけで、
近くまでたどり着いても“一斉に入る”ことが謂わばできないんだな。


ぺんちゃんたちは相変わらずゴキゲンでした♪


ぺんちゃんの施設だけでいうと、新旧あまり変わらないな。


おまけ♪


はにゃ


ん~♪


ミナミコアリクイくんも健在ですね^^ これはパパさんかな?


屋外の施設はちょっと変わったかな?

※この記事は2012年11月に書いています(遅~

2011年01月15日

名古屋港水族館に新しく来たシャチの「ナミ」が死亡

シャチのクーチャンが亡くなってから、名古屋港水族館ではものすごい努力をして新しいシャチの受け入れを望んできました。そして、今度こそ「繁殖」に成功できるよう全力で尽くしてきました。

・・・・・。でも、来館7カ月という短い期間で、シャチの「ナミチャン」は、あまりにも唐突に逝ってしまいました。何が悪いの? 何か問題あるの? シャチの中でも種別が異なりますが、千葉県の鴨川シーワールドでは、元気なチャチの大家族が活躍してるというのに・・・・・。


ナミちゃん・・・・名古屋港にいたクーちゃんや、クーの一年前に逝った、アスカたちとどうか本当の自由の楽園で幸せにしてね。人間のエゴが、あなたたちの命を縮めてしまったと思います。本当は、分かり合って共存したいからなのに・・・・。私のアタマの中では海棲生物がラインダンスをおどっています。浮かれているばあいじゃないのに! あぁ、海棲生物のラインダンスがとまらない(><)

2010年10月31日

のとじま水族館へ行ってきました(2)

2010年10月10日のお話です。
今日は、ビックリするような「お天気雨」が降ってくる以外は快晴の一日、う~ん、景色も抜群!!!

素敵な眺望ですね

テラスでは海を眺めながらのお食事も・・・・・って、相変わらずぷぷちゃんは、ゴハン食べる時間も勤しんで「取材」「取材」「撮影」「撮影」で、テラスも、撮影しただけで、ここでのんびり「海」を満喫したわけではありません(汗

自慢の巨大水槽です^^


海の人気者も負けてはいません^^
ゴマフアザラシ

コツメカワウソ(あまりよくみえない)

ラッコ(ピンボケごめんなさい)

う~ん、人気者は一通りそろってる!

さて、やはり人気のイルカパフォーマンス!
フリスビーキャッチ!

ハイタッチジャンプ

ジャンプしてボールをキック!

二頭で列んでジャンプ!

多頭イルカのみんなでジャンプ

もっと華麗にジャンプ!

次はもっともっと「ぺ」の世界を紹介します^^

2010年10月30日

のとじま水族館へ行ってきました(1)


2010年10月10日のお話です。
昨日のぐずついた天気が嘘のような晴れ。今日は、またまた「堀川ひとみ福井ツアー」別働隊(?)として、のとじま水族館へ向かいます! ツアー本体は、今日は武生菊人形を始めとし、色々観光の予定の模様。堀川ひとみ応援団メンバーの中でぷぷちゃん以外にも、やっぱり個別行動組が何人かいて、互いに「ただいま○○にて○○中」などをとあるコミュニティに書き込みしながら、今みんながどこで何をしてるのかな・・・・ってのを、バラバラに行動しつつ、一緒に楽しんだ不思議な一日でした。



武生・・・・。「福井」には来たことありますが「武生」は初めてでした。なのに慌ただしく来て慌ただしく出て行ってしまって、今回は武生やひーたんの故郷の素晴らしさを満喫する間もなく,、ライブだけ堪能して、あたふたと出かけていってしまってごめんなさい。ぷぷちゃんにとって「福井」は、元々美大で映像表現を専攻していた時の教授が「福井」の方だったので、特別な場所ではあるんです。「武生」もまた、きっと、「ひーたん」関係で行くこともあるでしょうから、今はひたすら全国の「ぺ」の状況を追いかけなくては行けない事情から「ぺ」に走らせて頂きます (。・人・`。))ゴメンネ
(「ぺ」は、そこまでして重要なのか? うん、重要なのだ)。

武生から、サンダーバードにのって、和倉温泉へ! 武生駅ホームへ行ったら、蕎麦のお出汁のすごくいいニオイがただよってきました・・・・。しまった、越前っていえばお蕎麦美味しいスポットぢゃんね・・・・。本当はお蕎麦好きなぷぷちゃん失敗? でもまぁ、列車の中で食べようと買った「おにぎり」・・・。駅の売店で買ったら「へしこ」のおにぎりがあり、ゲト! 列車の中で流れゆく北陸の町並みを眺めながら、土地の伝統食を堪能?(笑  

昨日から「○○温泉」って駅へ行ってばかりですが、全然温泉には入ってません。(そりゃ水族館しか行かないからな・・・)。

朝一番のサンダーバードに乗っても、和倉飲泉につくのは11時台、そこから水族館までバス移動。16時には水族館を出ないと名古屋へ帰れないので、急そがなきゃ。

ってなわけでのとじま水族館へ到着。思ってたより広い!!! 綺麗!! 「ペンギン(2カ所!!)」は、もちろん、目玉となる展示も多い!!! 「イルカ!」「コツメカワウソ!」「ゴマフアザラシ!」などの人気者を網羅している上に、新しいエリア「ジンベエザメ館 青の世界」がOPEN! 本当ならば温泉にでも一泊してから、朝から一日かけてゆっくり見たいスポットですね。
・・・・でも、いつも経済的な理由で慌ただしいの A(^ー^;

まずは「券売所」から自然に入ると、新施設の「ジンベエザメ館 青の世界」へ自動的に続く・・・・。ん?ジンベイザメよくみえなかったけど、急いでいるのでとりあえず「ぺ」じゃないのでパス! ジンベエザメなら、大阪海遊館でもいっぱい見たし。でも国内では4カ所目、特に本州では大阪につぐ2カ所目なのはエールを贈ります! ジンベエザメは成長すると体長20mにもなるので、今後どう飼育していくのかちょっと要チェックかな?

どこだー、どこだー!! ぺんぎんーん!!! もはや途中の様々な展示を無視してぺんぎんを求めるぷぷちゃん。私が無視したからといって、ここの展示がつまらないわけではけしてありません。本当なら「ジンベエザメ」もだし、「回遊水槽」「円柱水槽」「ふれあい水槽」「能登の海と」「北の海の魚たち」「マングローブの水辺」「南の海の魚たち」「川や湖の魚たち」「不思議な膵臓」「深海の生き物たち」「水族館のかわりもの」「クラゲの世界」・・・・と、面白そうなコーナーばかり、でも、時間がないのだ・・・・。まずは、ぺんぎーん!!! いたー!!!!!! ここはどこだ!?



MAPによると「イルカたちの楽園」というコーナー。イルカ!?

確かにイルカが泳いでいる!

イルカとペンギンが一緒に泳いでいる・・・・。

プールがこのまま日本海に繋がっているみたい・・・・

また、この水族館の目玉の一つとして、この「イルカたちの楽園」の下は通路になっていて、イルカやペンギンたちが泳いでいるところを「下」から眺められるんです。これまでにも八景島シーパラダイスにはイルカを泳ぐ姿を下からか眺められる施設があり、イルカ達が泳いでいる姿を「下(いわば海の中からに近い)」から見たことはありました。でも、ペンギンが泳いでいるのを「下」から見たのは今回が始めてでした・・・・・。その様子は、まさに「ペンギンが空を飛んでいる!」そのものでした。

おぉ、アンビリーバボー! ボク、空を飛べたよ!!!!

すれ違い様のイルカは大迫力!

見てみて、ボク、空を飛べるんだよ!!!

なんだか不思議な光景だなぁ。

次回は、その他の海の人気者が登場するよ!

2010年10月28日

越前松島水族館へ行ってきました(2)

ペンギン以外のものも見ました。

まずは「毛ガニ」です。ん~越前だ!

カサゴ ←ぷぷちゃんはこのカサゴが大好きです。

ん? 魚の解説が・・・・。どこの水族館でも水槽に魚の解説が書いてありますが、よくよく見ると・・・・・「美味です」!? まぁ、美味ではあるが水族館の魚の解説で「美味です」って書いてあるのはちょっと珍しいかも・・・・(なくはないが)。

さて、「美味」シリーズはここまでにして(笑 

カブトガニ 「生きた化石」とも呼ばれ、天然記念物。

オウムガイ

そしてここでもやっぱり人気のイルカショー! 雨の中だったけど、イルカさんたちには関係ないもんね^^ 元気にワザを披露してくれました。



曇り空に白いボールなので見えにくいけど、上からつるされたボールを尾びれでキックしています。

そして、ここは、この水族館の「新コーナー」で、なんと、巨大水槽の「上」に人が入れるようになっていて、さらにまわりがぐるっと鏡張りになっているので、まさに自分が水槽の中に入ってしまったかのように感じられ、「万華鏡」のようにも見えるオススメコーナーです。

越前松島水族館へ行ってきました(1)

記事のアップが随分遅くなってしまったが、10/9の堀川ひとみさんのライブ聞きに行く前に、目的地の「武生」を通り越して越前松島水族館へ行ってきました。今回も同じく堀川ひとみさんのライブを聞きに行く「まささん」と一緒に行くことになりました。朝、名古屋を出発し特急「しらさぎ」に乗車、まささんは大阪の人なので、途中「米原」で合流。名古屋が始発なので、しっかり二人分席を確保。いざ、「芦原温泉(あわらおんせん)」へ向かって改めて出発~♪ 芦原温泉からはバスで水族館へ向かいました。

んでもって到着~♪

入るとまずすぐにペンちゃんがいました。この展示の仕方はこの水族館の結構「ウリ」なんだけど、やっぱり「ペンギン」というと「氷の上」を想像する人が多いので、こんな環境で生活しているペンギンもいるんだよってことを表現したくて、土の上にレプリカのサボテンと、草や岩を配置し、ペンギンの生きる世界を表現しています。この子達はチリやペルーの海域などに住むフンボルトペンギンですね。日本各地でもっともよく見かけるペンギンなのですが、自然界では絶滅危惧種です。



ん? こんなんがあちこちに描かれてました

「お散歩タイム」として、水槽からペンちゃん達が出てきてみんなの前に近寄ってきます。



お散歩の帰り道。

お散歩にでていたペンちゃんたちの水槽です。サボテンの島と隣り合わせに普通の水槽のような場所もあり。この水槽、柵の高さが高くって、私の身長で撮影すると柵のシマシマが入ってしまうので、まささんに撮ってもらいました(笑


この日はお天気がよくなくイマイチでしたが、晴れたら素晴らしい眺望なんだろうな・・・・。館内には、この越前海岸を一望できるレストランもあり、途中でまささんが「行こう」と言ったのに、わたしがペンギンばかりにしがみついているうちに営業が終わっちゃいました・・・・・、ごめんね私と「ペンギン詣で」するとひもじい思いをさせてしまうかも(汗 ペンギン見ていると、ご飯食べることとか忘れちゃうの・・・・・。

さて、さっきとは別の所にも他のペンちゃんがいます。もう少し寒い所に住んでいる「キングペンギン」と「イワトビペンギン」です。



この水槽、見ている側も結構気温が低くて、そのせいか見ている人が極端に少なかった気がします。フツーどこでもペンちゃんの周りは結構人だかりができているのに・・・・・。撮影に萌えているぷぷちゃんはあまり気にならなかったけど、はたと、まささん寒いんじゃないかと思って声をかけてみたらやっぱり寒かったみたいで暫く出たり入ったりして調節していました。ごめんね、前回の掛川花鳥園では炎天下へ連れ出すは、今度はご飯食べそびれた上に冷蔵庫に入れられたみたいで・・・・・。ペンギン詣ではなかなかハードなのだ。

2010年08月16日

上野へ行ってきました

アキバの余韻さめぬ8/14、今日は中華街の野外イベントで堀川ひとみのライブがあるのだが、その前に朝ご飯を食べて、上野へ行ってきました。

もちろん目的は上野動物園のペンギンちゃんなんだけど・・・・、その前に国立科学博物館で「大哺乳類展-海のなかまたち」というのをやっていたのでちょっと見てきました。夏休みということもあって人が多く、入場するまでに結構列びましたがまぁ、見てきました。

大迫力のシロナガスクジラ

野外には等身大のシロナガスクジラの像もありました。

さて、上野動物園です。まずは「ぺ」

何度か来ている上野動物園ですが、MAPを手に、あれれ??? ペンギンがいなーい!!! 元々東園のペンギンがいたあたりが「改修中」になっていて・・・・ガガーン! と、おもいきや、西園にペンギンマーク2つみっけ! 東園のペンギンちゃんたちは西園にお引っ越ししていました。というわけで、他のの動物には目もくれず、西園へモノレールで移動!!!!!

いたー! キングペンギン!!!

ところで、東園にはマカロニ君もいたんだけど、姿が見えず、どうしたんだろうね?

さて、元々西園にいるケープペンギンたちです。

そういえば、先日は名古屋港水族館へ長期出張してきてくれたコもいるはず・・・・なんだけど、さすがにどの固体かまではわからないけどご苦労様でした。

時々シャワーも出てきてキモチイイの。

みんななかよし。

今回のグッズはこの1点のみ。イワトビペンギンのカチューシャ(笑

さて、ひーたんのライブを聞きに、上野より、関内へ向かいます。

2010年08月15日

8/13 久々の葛西臨海水族園です。

8/13は秋葉原での堀川ひとみのコンサートの日ですが、その前にちょいと・・・・。この日はあまり早い時間の名古屋発ではなかったのですが、秋葉原のコンサートが夜なので、昼過ぎ東京入りでしたがちょっと足を伸ばして行ってきちゃいました・・・・・。
久々の葛西です。

ぷぷちゃんにとって「葛西」は、ちょっとだけトクベツな場所です。ペンギンがいることもその一つだけど、色々な偶然が重なり合って、色んな「縁」のあった場所です。そもそも私が「ペンギン」であることを見抜いた人は、この「園」の取材中に私がペンギンに似ていることに気が付いたそうな・・・・。なので、ぷぷちゃん自身の「ペンギン人生」のルールとも言える場所なのかも知れません。
はいな、オヒサ! 葛西臨海水族園! 懐かしいなこのドーム!
行ってまいります^^

と、水族館にたどり着く前に、「ぺ」の気配を発見(笑う

園の入り口の開園日カレンダーもかわゆくて^^

さてはて入園し、あんまりゆっくりしている時間はないので、他のサカナはすっとばしてペンギンちゃんへまっしぐら~! ん? 氷の彫刻?

おぉ! ちょっとカタチわかんなくなりかけてるけど、氷の彫刻(ぺんぎん)だ!!!!!!!!

また寄り道しちゃった、いざ、ペンちゃんへ!

はぁ~い! ここが「ペンギンプール」です・・・・って、
(名古屋弁でいうと)「みえんがね」
人多すぎ! みえなーい!

と、いいつつ、がんばって撮影しました^^ 長崎ペンギン水族館の「フンボルトペンギン」は57羽という大所帯でしたが、なんと葛西臨海水族園は100羽以上とのこと・・・すごいですね^^

大勢いるフンボルト君(自然界では絶滅危惧種)ですが、一人ひとりの個性もまた楽しいですね^^

いっぱいいます!


ところで・・・・・、前はイワトビ君もいたと思うけど、イワトビ君の姿が見えませんでした。どうしたのかなぁ? コガタペンギンちゃんは以前より数も増えて健在でした。

砂浜にあがったところ。

さて、ペンギンパワーをいっぱい吸収したので、ぼちぼち秋葉原へ向かいますか^^

やっぱりちょっと気になるの。

かき氷はいらないけど、唐揚げもペンギンの容器に入っていたので、唐揚げ買いました。ペンギン容器に入った「トリ唐」って・・・・。何のトリ・・・(汗 そもそも、トリがトリ喰ってる(汗

今日のペンギングッズ!!! 


2010年07月31日

2010夏ひーたん静岡ツアー、ぷぷの赤裸々日誌(5)

★7月25日の内容★

実際のUPが遅くなりましたが、7/25の続き行きます。なんと! 三津シーパラダイスには、こーんな「さかな」が!!
「ギョギョーーーー!!!!」

たまたまこの日に行ったので、まさか、さかなクンがいるとは知りませんでした。HPも事前にチェックしてたけど、ちょっとビックリ! 別枠でのさかなクンのさかな講座のようなものもありましたが、それには参加しませんでしたが、なんとショーにも登場! イルカの調教にもチャレンジして夏休み最初の日曜を湧かせていました。


ここまでは、イルカや海獣ばかり登場しましたが
もちろん忘れていません、ペンギン精神。
ってか、もちろんそれがメインなのだが、
ん~実のところ期待したほどでもなかったかな???
でももち、ちゃんと押さえています!


さてはて、伊豆だ・・・・。そう、海だ。

遊覧船にまで乗っただよ! (一人で)

帰りは、沼津までバスで出て、沼津から静岡まで各駅の旅をし、静岡から新幹線で名古屋へ帰ってきました。

楽しかった旅も終わり、ここでももちろんGETする「ぺもの」(笑

2010夏ひーたん静岡ツアー、ぷぷの赤裸々日誌(4)

★7月25日の内容★

さて、今日は「伊豆三津シーパラダイス」の一日です^^
ひーたん、静岡ツアーの本体とは別方向なので
一応、ひーたんにに「別行動します」メールをし、
お迎え不要で別行動開始!!!

ホテルから一旦三島駅へ行き、そこから、箱根伊豆鉄道で伊豆長岡へ。伊豆長岡から、シーパラへのバスが出ているので、あとはバスに揺られシーパラダイスへ^^
伊豆三津シーパラダイスは、イルカの飼育ではかなりの歴史を誇る施設です。イルカや海獣の種類によっては「水槽」ではなく、生の海で飼育している数少ない施設です。下記のエントランス写真ではわからないけれども、園内全域を足すとかなり広い施設です。

屋内施設である水族館ゾーンの他に屋外に「海獣の広場」や「イルカの海」「なかよしプール」、「オットセイの海」などがあり、その向こうに「ラッコ館(実は現在ラッコはいません)」があり、遊覧船乗り場があります。

「イルカの海」ではバンドウイルカのショーを行っています。ここもまさしく駿河湾の生の海を区切っただけの自然の海。いわゆる「イルカ水槽」などと違った日々の自然との関わりを感じられる場所です。

さて、このバンドウイルカーのショーを見終わったあたりで、「ぷぷちゃん!」という声が。なんとRyoさん登場^^ これだけ広いそして、人人人人人・・・・・ってくらいにいっぱいの中で、なんとRyoさんと遭遇。遭遇というか発見されました! 帽子をチョコンと跳ね上げ、シブいぜRyoさん。まぁ、イルカショー会場のベストアングル撮れsoな場所に一人で必死に撮影しているペンギンがいたらめだつかもね(汗 でも、はたとRyoさんを見ると、汗だらだらのグロッキーモード(!) 「帰るわ」と、言い残し、去っていってしまいました。あぁ、Ryoさん、お互い健康には気を付けましょう^^

さて、この後、ちょっとビックリな「さかな」が登場するよ!
続きは、2010夏ひーたん静岡ツアー、ぷぷの赤裸々日誌(5)でね

2010年07月30日

2010夏ひーたん静岡ツアー、ぷぷの赤裸々日誌(1)

★7月21日頃~7月24日の内容★
すっげータイトル! 基本的、ぷぷちゃんの本サイトでは「ひーたん」と「ぺんぎん」は別に扱うのだが、今回はあえてその垣根を越え! 「ひーたんツアー」といいつつ別働隊の「ぷぷちゃん」が何をしているかの謎にもせまります! (そんなオオゴトなのか?) 垣根を越えといいつつ、量が多いので、何回かに分かれるとは思います。話はツアー当日前後にわたります。

時はまず、ツアー前の2010年7月21日。会社は3連休中。リアルでの誕生日であり自サイトの夏イベ初日なんだけどココロは“激鬱の暴風雨”の中にいました。イベントもアップしたし、その後もなんか気分は死にそうなんだけど、どうにか持ちこたえて・・・でも、気付いたらメールチェックとか遅れてました。おかげで、お祝いメールとか書き込みいただいてたけど、すぐに返事返せなくてごめん、みんな! 

んで、ちょ遅れでメールチェックをすると、大阪の“まささん”から、今回のひーたんの静岡ツアー、予定してなかったけど当日予定が空いたってメールを見つけました。文面は「迷ってる」って・・・・。ひとまずおくらばせながらメール返して、それからツアー前日に携帯に「どぉする?」ってメール打ってみました。返事は「まだ迷ってる、ぷぷちゃんの“押し”次第」ってかえってきたので、そのまま「ウリウリ←押してる」ってメールで押したら「うん、行く!」ってウレシイお返事^^


んでもって当日は「朝から」“まささん”と、ご一緒することにしました(笑 
※まささんは、ひーたんを応援している堀川ひとみファンの一人で、ぷぷちゃんが運営している、「ひとみファイターズどっとこむ」を見てくれて、6月の生誕祭で始めて会った方です。まだ記事をUPしてないのですが、前回の生誕祭の帰りも、八景島シーパラダイスへ一緒に行って方角が一緒なので一緒に帰ってきた仲間です。今回もも方角が一緒なので一緒に・・・・って方角だけかい! まぁ、せっかく同じところへ向かうファン同士なので、私が予定していた「寄り道」日程に今回もご一緒してもらいました。
(他のレス遅れていたみんな・・・ごめんね、レスもせず遊びに行ってました。ココロがちょっと病んでいて・・・・・なので、まずは鳥やペンギンにどーしても会いたくて!) さてと、朝から何をするかというと、前々から公表している「まずは、掛川 花鳥園 へ行くこと」。まささんは大阪発なので、名古屋駅のホームというか列車にて落ち合って、名古屋から掛川まで仲良く「こだま号」の旅をしました。

花鳥園は、屋内施設をメインに、屋外では、鳥の「飛行ショー」や、「鷹匠ショー」なども行っています。鳥たちの素晴らしい飛行シーンは大迫力でした。この日もめちゃ暑い日なので、熱中症対策には園側もしっかり対応、屋外施設へは麦わら帽子の無料貸し出しなどもしていました。

「飛行」ではないが、屋外イベントでは、ヘビクイワシが登場。モデルウォークのように優雅に登場しますが、ヘビに向かって頭蹴りに両足キック!!! でも、威嚇する姿もカッコイイかも。

さてさて、「花鳥園」・・・もちろん、いますよ、ペンギンちゃん! 

朝も早くから花鳥園で遊び・・・・まだひーたんのライブまではだいぶ時間があるが、炎天下のせいかちょっと疲れも・・・。ボチボチひきあげ、ライブ会場至近の「三島」へ移動します^^
以降、の旅は2010夏ひーたん静岡ツアー、ぷぷの赤裸々日誌(2)へ続きます。

2010年06月30日

関東遠征6/28の八景島シーパラダイス(2)

八景島シーパラダイスの続きです^^
ところで、ぷぷちゃんはお出かけするとき「一人」が多いのですが、今回は、まささんと一緒だったので、まぁ一人で「イルカ」や「ペンギン」や「アザラシ」などのこと語る語る・・・・。途中で「なんか息切れが・・・」と思ったら、私、しゃべりっぱなしだったのね(笑


八景島シーパラダイスでは、8種類のペンギンが活躍中です。下記の写真はコガタペンギンです。とても小さな体をしたペンギンでちょっと青みがかった色をしています。その色味から「ブルーペンギン」とも、愛らしさから「フェアリーペンギン」とも呼ばれていますが、小さくても意外と獰猛なので私は「コガタ」か「ブルー」で呼んでいます。(コガタペンギンは都合により展示されていない場合あり)


ペンギンのメイン水槽はいろんな種類のコたちでごったがえしていました。自然環境下では結構環境の違うコたちもいるのになぁ・・・・・。ところで、
さっきの
・コガタ
メイン水槽の
・キング
・ジェンツー
・イワトビ
・マカロニ
・マゼラン
・アデリー ・・・・・、あれ? 1種類足りない。

なぁ~んて・・・、大丈夫! (1)のラストに登場していた、ふれあいラグーンの
・ケープ
これで8種類です!

さてさて、ケープ君たちの大活躍のシーンをじっくりと見ましょう^^

実際、なかなかこんなうまくは成功しないので、何度も何度も、エサでつりながらペンギンを走らせているのが実情ですが、でも上記の写真ではみごとなゴールシーンですよね^^

さて、八景島を後に、新横浜から新幹線に・・・・ と、ここで、「空」が、今まで我慢に我慢を重ねてきたのかってくらいドシャーーーーー!!!! っと、雨が降り出し、既に外に出ることの必用のなくなった私たちは無事、名古屋&大阪へ向かいました。帰りの新幹線の中で、まささんと、ひーたんのこと、そしてそれをとりまく応援する人々のことなどについて話ながら、「また会おう」を言ってバイバイしました。

関東遠征6/28の八景島シーパラダイス(1)


ひーたん生誕祭も無事終わり、その余韻の残る6/28。今回の生誕祭で知り合った大阪からきているまささんと、八景島シーパラダイスへ^^ その後、名古屋&大阪へ向かいます。ぷぷちゃんはこの日はひーたんの余韻でぽわーんとしていなので、朝ご飯は食べずに飲み物だけはしっかり持って出発~♪
吉祥寺→八景島って、どのコースで行こうかなと考えつつ、井の頭線まわりのちょっとローカルコースで向かいました。途中で咲いていたアジサイが綺麗でした。

関東に住んでいた頃から、八景島は何度か行ったなぁ、でもそのつど設備やコーナーが充実していってる・・・・・。

ショーの内容自体はあまり変化がないような気もするが・・・・、何度も同じとろこで見ていればそうなるのかな? シロイルカのダンスは頭数が増えてさらに綺麗でした^^

そしてこのドルフィンファンタジー。行ってみれば、どってことのない施設のようにも思うのだが、真下からも含めて色んな角度から撮影できるので、私的には大好きなコーナーです。

ふれあいファンタジーは一番新しい施設で、以前行ったときもあったことにはあったのですが、メイン施設から離れていることもあって、時間がなくて行かれませんでしたが今度はしっかりとこちらも堪能♪ 主に、生物と「ふれあえる」コーナーなのですが、相変わらず私は直接触ったりするのはあまりしないので、他の人が参加している風景を撮影していました。

このコーナーにはなんとこのコたちも参加していました!

八景島の記事はもう少し長くなりそうなので
続きは、
関東遠征6/28の八景島シーパラダイス(2)で!
ペンちゃんたちもいっぱい登場するよ!

2010年06月29日

関東遠征6/27のサンシャイン国際水族館

さてはて、6/27、生誕祭当日の朝だ。
空模様はビミョーだけど、まぁ、ぷぷちゃんがいるかた本番はなんとかなるでしょう。
まずは朝食を食べて・・・・・・。

水族館へ行く(笑

今日は池袋にある、サンシャイン国際水族館です。

OPENと同時に突撃!?

このサンシャイン国際水族館は、改修の為、2010年8月をもって長期の休館に入ります。高層ビル屋上の水族館全館リニューアルという特異な事業のため、約一年をかけての大改修^^ リニューアル時がまた楽しみだね♪ そんなこんなで、生誕祭当日ですが、しっかりと堪能してきちゃいました。


↑タエちゃんのご主人のアリー
↓タエちゃんファミリーについて(画像クリックで大きくなります)

グッズでも人気です。

この、ミナミコアリクイの「タエ」が人気なのは、かわいらしさもそうですが、かつて何度かZooZoo広場から“大脱走劇”を繰り広げて話題になったからです
★タエちゃんの記事は以前にも書きました★
脱走しているところの写真&動画つき
以前の記事は コチラ








左下のオリジナルピンバッヂがオキニ!

この後吉祥寺へ向かってホテルにチェックインしてからライブハウスへ合流!

関東遠征6/26のしながわ水族館

6/27の、堀川ひとみさんの生誕祭ライブに先駆けて
前日より関東入りしたぷぷちゃん。

まずは「ペンギン詣で」からね♪

何度か行ったことのある「しながわ水族館」ですが
ぶらりと行ってきました。
「しながわ」と行っても、「大森海岸」にあるので
ちょっと遠いんですけどね♪


水族館って不思議ですよね^^ 大人も子どもも、ある種「不思議なテンション」になっていて、みんなで「サカナ」をみている。最近では、みんなデジカメや携帯で写真撮ってるから、サカナからみると、みんな顔の前に「四角いモノ」かざして喜んでいるように見えるんだろうな。

ここのコたちは、チリやペルーなど南米に生息するマゼランペンギンなので、暑さがそうニガテというわけではないけど、やっぱり扇風機の風がキモチイイらしい。



この後、水族館から大井町へ出て、そこから武蔵小杉へ向かい、ホテルにチェックインしてから応援団の人たちと合流。途中からひーたんと、そのママと妹も合流してプチお食事会^^


2010年06月13日

イルカパフォーマンス













アシカパフォーマンス(2) サラサちゃん

バロン君に続いて出場するのは、トロピカルな音楽とともに登場した紅一点のサラサちゃん♪ 得意技「泳ぎ」に続いて「DANCE」を披露^^ イケてるー????












審査の結果、勝利を得たのは「サラサ」ちゃん・・・。でも、最高点を得たポイントは、大人のおにいさん(お客さん)が投げた第一投の瞬間・・・・。がんばったのになっとくのいかないバロン君ですが、キッパリと次の戦いに挑む予定です(勝手な想像


アシカパフォーマンス(1) バロン君


品プリでの「アシカパフォーマンス」は、2組の「アシカ&飼育員」さんのペアが登場し、どちらがどれだけ“ウケたか”の実力勝負!!! お客さんの拍手や歓声がピークに達したところで競い合います^^

ます一組目は、体長の大きな雄のバロン君とおにいさんの登場です。何やら、いよいよ開幕となったサッカーワールドカップにちなんだプレイを披露してくれます♪


バロン君「ディフェンス」を護る!!!

バロン君、決勝点を勝ち取った!!!

感動の場面です!!!




今ではすっかりゴキゲン! 愛の投げキッス!!!

2010年04月07日

南部アフリカ海の野性王国(2)


南部アフリカ海の野性王国展の第二報!

上野動物園から出張してきた、ケープペンギンちゃん4羽ですが、なんかムリヤリな名古屋の企画にどうにか不平も言わずに参加して頂いているご様子です。(不平感じても言えないけど)。

ちっちゃなプールだけど行ってみようかな



ペンギンの顔

交代交代

やっぱちょっと狭いなぁ

でも、いつもと違うお客さんと会えるのもいいかな?

でもすることなぁなぁ

また泳ぐか・・・

ぷかぷか♪

なんか気になるのよね・・・・このへんが

3月20日(土)kら6月20日(日)までだから
みんなも遊びに来てね^^


・・・・そんなに長い間、このコたちここにいるんだろうか。心配だからまた見に行ってこよう


南部アフリカ海の野性王国(1)


名古屋港水族館で新しい企画が始まったので、早速行ってみました。サッカーのワールドカップの開催で注目帯びている「南アフリカ」、そしてCOP10の開催を間近に控えている愛知の合同企画・・・・ってとこかな?

会場のエントランスです。

展示ゾーン

色々なさなかが展示されていました。


珊瑚礁のまわりでくつろぐタイマイたち。

海の生態系をモデルにしたペンギンパズル

プリミティブな楽器も展示されていました。


そして・・・・「アフリカ」と言えば、まずは「ケープペンギン」! しっかりと、ケープペンギンも「展示」されていました。全国の動物園ではメジャーな「ケープ」も、元々マニアックな「名古屋港水族館」にとっては初のお目見え!!! なんと、東京・上野動物園からの出張組さんでした。
お疲れ様です、でも展示方法に、やっぱどこかムリヤリな気もしますが・・・・A( ^ ^ :  3月22日から6月20日までの長丁場です。


2010年02月16日

名古屋港水族館でもペンギンの野外展示(1)


期間:2010年2月13日(土)~3月14日(日) 11:30~15:00 (月曜休館、雨天中止) の期間限定だけど、今年名古屋港水族館で生まれたジェンツーペンギンをなんと野外展示!!! 名古屋港水族館としては初めての野外展示です。また、南極~亜南極にかけて分布するジェンツーペンギンは、キングペンギンやフンボルトペンギンなどと比べて野外展示が難しいのですが、身も心も凍るナゴヤの冬なら、ジェンツー君もゴキゲンかな?
まずは早速、本日2月16日に行ってきました。


ん? ちょっと久しぶりに名古屋港水族館へ来たら入り口にこんなんありました(笑 なかなか愛嬌あって楽しいですね♪

さてさて、↑ も、ペンギンの野外展示のようなものですが(そうか?) 本命のペンギンチャンたちに会いに行きましょう。今回、野外に展示されているのは、今期生まれたばかりのなんと生後3カ月のイケイケなジェンツー君とか・・・・。ジェンツーはペンギンの中でも、比較的早く成長するコたちなので、生後3カ月でもオトナのカラーリングにほぼ近くなります。

会場までの幻想的なプロムナード。
ペンギンちゃんたちのスライド映像が! ワクワクしてきますね^^

会場は、名古屋港水族館の北館を経て外に出たところにある「しおかぜ広場」。名古屋港の海に面した広場で、売店や自動販売機もあって、OPENスタイルのテーブル&ガーデンチェアや、芝生の上で、軽食やお弁当を食べることのできるコーナーです。普段も家族連れや、遠足に来た子どもたちの姿を見かけます。

そこに突如雪山とペンギン出現!!!!! 長野県の白馬から運んできた雪の上での展示とのことだが、遠目にみるとちょっとムリヤリな気もしないではないが・・・・・。まぁ、水族館とか動物園ってそういうところだよな・・・・。本物の「自然」ではないから仕方ないけど・・・・・でも、「ジェンツーペンギンが間近に見れること」はかなり貴重!!! 基本的に「南極or亜南極組」なので、まずどこの園や館でも「室内水槽」での展示があたりまえ。だけど、いるよーいるよー! 名古屋のお外の空気吸ってはしゃいでるペンギンちゃんが!!!

あぁ、そういえば、今って「冬季オリンピック」やってるんだっけ・・・・、銀盤の上のフィギュアスケートの○○君がどうしたのってニュースやってるけど、氷の上はやっぱペンギンちゃんだよね^^

ペンギンちゃんはやっぱり、雪とか氷って大好きなんだよね^^ 白馬の雪は、いつもの室内水槽の「人工降雪機」の雪とはまたひと味違うかい?

同時開催の「ペンギンの羽毛カードプレゼント」


「南極の氷にタッチ」企画!

帰る時になってもあいかわらずこのコたちはそこにいました(あたりまえか)

・・・・なんて、名古屋港水族館の一日でした。って、実は、イルカノパフォーマンスやシロイルカのトレーニングなども見たんだけどね^^

2009年10月29日

長崎(14)|長崎ペンギン水族館へ!

★10月24日の内容です★
いよいよ本当に長崎ペンギン水族館へ来ました!!!!!! 大村駅から長崎駅へJRで出て、長崎駅前から県営バスに乗って「ペンギン水族館前」ということろで降りました。(曜日によって変わることもあるので本当に来るときにはちゃんとチェックしてね)。

2009年06月29日

夢見ケ崎動物公園へ行ってきました

川崎にある「夢見ケ崎動物公園」へ行ってきました。ここって、「タダスポ」なんですよ!!!!! 結構、変わった動物もいっぱいいるようなんですが、とにかく「入場無料」。前々から知ってはいたけど、今回初めて行ってきました。

もちろん、ペンギンもいます。

私の行動範囲は「ペンギン」が、いるのか、いないのかに左右されるからねぇ。

でも、今回とても気になったのは、なんだかみんな「イライラ」してるみたいなの・・・・・。ニンゲンにはわからないかもしれないけど、みんなすごくイライラしてた・・・・・・・。

見つめるシマウマ

見つめるヤギ

特技を披露するヤギ

結構変わった動物が多数いるようです


もっとペンギンを見たい人は続きで!

夢見ケ崎動物公園へ行ってきましたの続きを読む

2009年01月08日

大阪海遊館

はいはい、ぷぷちゃん、ひとみちゃんのツアーにかこつけて? ってか、合流前に、大阪海遊館へちゃっかり(ってか当然?)行ってきました!!!!!


なんかデジカメの設定がイマイチでフツーの写真はあんまりうまくとれなかったんですが・・・・・。


それでもペンギンパレードはバッチリと!!!!!!

2008年11月01日

|サイト|アドベンチャーワールド特集


特集ページはコチラから!

只今、本サイトにおいて
「アドベンチャーワールド特集」開催中!
もちろん「ぺんぎん」中心です!

皇帝ペンギンの赤ちゃんのお食事タイムの動画や
デスクトップ壁紙などUPしています

2008年10月26日

南紀白浜アドベンチャーワールドへ行ってきました(8)

★サファリツアー★

ケニア号でサファリワールドをぐるっと一週!

アドベンチャーワールドの魅力の一つは、「サファリ」。草食動物ゾーンと、肉食動物ゾーンにわかれていて、様々な楽しみ方ができます。ジープやバス、カートや自転車などでサファリを回れる有料ツアーや、徒歩や、「ケニア号」という専用トレインで園内を回る無料のツアーがあります。晴れていて時間がある時は、徒歩や自転車でじっくり回るのがオススメだけど、今回はもうそろそろあまり時間もなく、小雨も降っているので、無料の「ケニア号」に乗って園内を一週してきました。


まずは草食動物のエリアだよ^^ いるいるいるいる・・・・・





さて、いよいよ肉食動物のエリアだよ・・・・・・・。厳重なゲートを越えて、ちょっとドキドキの瞬間! ってまぁ、写真で見ると、結構のんびりした感じだけど、肉食獣と大接近するとそれなりに緊張感が!!!



実は、この肉食獣エリアへ入って少しした時に、いきなりケニア号が、ガコーンと停車!!! w川・o・川w オォーーー!! エンストっすかぁ????? w( ̄△ ̄;)w 実際にはなんだか動物の解説をしている車内放送の不調らしくて「ここからは係員が解説します」とか・・・・・ε-(´・`) フー


南紀白浜アドベンチャーワールドへ行ってきました(6)

★海獣館にて★
1993年4月にOPENした「海獣館」。ホッキョクグマ、ラッコ、ゴマフアザラシ、ミナミアフリカオットセイから、われらが「ペンギン」たちがそこで活躍している。

ホッキョクグマを最初に「水中展示」したのも、ココとか・・・・・。

ホッキョクグマは「前足」だけで泳ぐ。

このごろ人気の「コツメカワウソ」

気ままに泳ぐ「ラッコ」

水槽のソコに落ちている「貝殻」を拾ってバケツに戻すラッコ

★ペンギンたち★

南極のカワイイアイドル「アデリーペンギン」

孤高の人、ヒゲペンギン!

ヒゲとアデリーの出会い

★海獣館のペンギンたち★

ペンギンたちのいる風景



南紀白浜アドベンチャーワールドへ行ってきました(5)

★パンダのウェイクアップタイム★
さて、ペンギンはかなり満喫したけど、せっかく「パンダの町=白浜」へ来たのだし、パンダも見なきゃね!!! 

パンダランドだよ^^

グッズ&キャラクター商品も、すごく充実しているね^^

上野動物園でも何度かパンダは見たけど、なんだかいつも「後ろ向き」とか「睡眠中」とかで、あまり活動的なパンダってみたことないな・・・・・・。ここのパンダはどうだろう? むむむむむ・・・・・ 「13時30分、パンダウェイクアップタイム!?」 ふむふむ・・・・ 「エサを食べたり走ったり!! 絶好のパンダウォッチングタイム!」 これは行かなきゃ! なんと場所は屋外運動場^^

アドベンチャーワールドにパンダがたっくさんいるのは、中国四川省成都の「ジャイアントパンダ繁育研究基地」の「日本支部」として日中共同研究を行っているからです。

2008年9月18にちに、アドベンチャーワールド生まれのパンダの「良浜」が、双子の赤ちゃんを出産。親子になった良浜と双子の赤ちゃんはまだ直接観ることができませんが、双子の赤ちゃんの「公開体重測定」のみ見ることができます。

・・・・実はこの時間が、平日は15時のみ、土日祝日は10時と15時・・・・・。この15時って、「皇帝ペンギンの赤ちゃんの2回目の食事タイムと重なっちゃうの・・・・(><) 普通ならここで、「皇帝ベビー」は11時30分の回を見たんだから、15時は「パンダの赤ちゃん」のはずだが・・・・・ ぷぷちゃんとしては、皇帝ペンギンの赤ちゃんのお食事タイムをやっぱりもう一度見たい為に、パンダの赤ちゃんはあきらめちゃいました・・・・ので、パンダの赤ちゃんの写真はナシです A( ^ー^ ; 

南紀白浜アドベンチャーワールドへ行ってきました(4)

★ペンギン王国のルッカリー★
皇帝ペンギンの赤ちゃんがいたのは、この「ペンギン王国」の1階ですが、2階にはルッカリー(ペンギンコロニー)がありました。

ここには映っていませんが、このルッカリーの「プール」には、なぜだか「イロワケイルカ」が同居しています。時々、イルカとペンギンが一緒に泳ぐ夢のようなシーンが展開されます。

アドベンチャーワールドの発行図書によると、最初、一番最初にイロワケイルカと一緒に泳いだのは「イワトビ君」だそうです。やっぱり、何にも動じない性格のようですね。

性格も温厚で好奇心いっぱいの「ジェンツー君」をイルカのプールへ入れてみたら、驚いてそれこそ弾丸のように飛び出してきたそうです。もちろん無理強いはさせないので、それからは興味に惹かれて自分から遊び出すまではそっとしておいたとのことです。

さて、このルッカリー、人工降雪機もあって、なかなか広くて沢山のペンギンが集まってもそんなに窮屈そうではなくいいですね^^ 以下の3枚は、ちょっと大きめの写真でUP。写真をクリックすると大きめの写真が別ウィンドウで開きます。



さてさて、ここアドベンチャーワールドでの、ペンギンの活躍の場は、「海獣館のペンギン水槽」や、フラミンゴ広場、フラワー通りのペンギンパレードなど、まだまだあるからしっかり紹介していくね!

南紀白浜アドベンチャーワールドへ行ってきました(2)

★イルカ・クジラ&アニマルショー★
まずは到着するなり、ペンギンのもとに走りたかったが・・・・・ せっかくパンダやペンギンの他にも、イルカやクジラショーや、アニマルアクション、サファリツアーなどの充実している施設なので、日帰りといえども、そこはしっかりと満喫するため、タイムスケジュールを調整しながら走り回ります(単なる貧乏性?)。

まずは、「マリンワールド内のビッグオーシャン」にて、10時30分からのイルカ・クジラのショーをしっかり鑑賞! 今まで色々なところでイルカやクジラのパフォーマンスを観てきましたが、ここのコたちはとても動きがなめらか!!! 体も大きくなかなかの迫力でした!

さて、アシカを中心とした「アニマルランド」のショー! アシカショーといえば、コミカルな動きが楽しいよね^^ 日に3度ある、アニマルランドでのショーのうち、11時15分の「アニマルアクション」は、なんとアドベンチャーワールドならではの、いろんな動物たちがいっぱい出てくるすごいライブ!

なんと、お姉さんと一緒に登場したのは・・・・・・? チーター? ヒョウ? サーベルキャット?

リスザル君が万国旗を飾ります。

なにげにマッチョを目指すカワウソ君?

園内には「パンダ」や「ペンギン」や動物たちにちなんだグッズもいっぱい^^


2008年09月22日

池袋サンシャイン国際水族館の「タエ」無事保護

※写真は2005年撮影のものです

東京・豊島区のサンシャイン国際水族館で、2008年9月19日に、またもや脱走したミナミコアリクイの「タエ」ちゃんは、22日2時20分頃にようやく発見、無事保護されました。この「タエ」ちゃんは「扉を開けるアリクイ」として有名で、2005年にもなんと脱走したことがあるそうです。前回はなんとペンギンビーチの岩の上を歩いているところを職員に発見されたとのことで、今回もペンギンビーチを中心に全館で捜索を続けたところ、やはりペンギンビーチの近くの床下で発見されたとのことです。

※2005年に「タエ」ちゃんの妙技を目の当たりで見ました!

仕事の開始です

大股開きで踏ん張っているとこギザカワ!

あ、開くいた!!!


そしてなんと、その様子を動画に撮影! 当時「お外へ出たい」というタイトルで当HPにて掲載していたら、なんと雑誌にも紹介されちゃったのです! その当時掲載したミニ動画をリメイクしてみました^^
|動画|お外へ出たい| 画像クリックしてください


「タエ」ちゃんは、前回の脱走後に2児をもうけており、「背中にいつも子どもを乗せた」カワイイ姿と、なんと「親子で脱そう」するほほえましい報告もされています。
|YouTube|ミナミコアリクイ親子

【関連動画】
東京・豊島区のサンシャイン国際水族館の「扉を開けるアリクイ」、2度目の脱走

東京・サンシャイン国際水族館で脱走していたアリクイの「タエ」、無事発見・保護

「タエ」ちゃんがいるのは、同水族館内にある「Zoo-Zoo広場」。この「Zoo-Zoo広場」は、今までの水族館にはない、陸海空の生きものたちが集まる新しいエリアです。普段は広場内のハウスで生活しています。でも、お外には、ペンギンやペリカン、アシカ、ポニー、コツメカワウソなど、愉快な仲間がいっぱいいるので、小さいながらも大いなる世界への好奇心がかき立ててられるのでしょうか? でもやっぱり一番大好きなのはペンギンなのかな? ペンギンも、同じ「シロクロ」仲間だから、歩いていてもあまり変にも思わなかったのかも知れませんね。


2008年09月21日

名古屋港水族館のシャチのクーちゃん亡くなる

平成20年9月19日午前7時55分、名古屋港水族館のシャチのクーちゃん亡くなりました。

クーはちゃんは、体長6.1メートル、体重2.7トンのメスのシャチ(推定18歳)。19日午前7時55分、医療用プールで飼育員らに見守られながら亡くなったという。水族館によると、クーちゃんは、7月下旬ごろ、夏風邪をひいたため、医療用プールに移されました。通常50~60キロ食べるエサを口にしなくなり、動きが緩慢な状態が続き、検査では、血液中の白血球が増えるなど、体内での炎症も確認されていたそうです。獣医師や飼育員は十数人態勢で、抗生物質の投与や流動食を与えるなど懸命の治療を続け、9月上旬には回復の兆しが見られましたが、再び体調を崩したそうです。最近は飼育員らが24時間看病に当たっており、多くの子どもたちもお見舞いに駆けつけていましたが、懸命の治療にもおよばず他界しました。

大水槽を優雅に泳ぐ元気な頃のクーちゃん

クーちゃんが名古屋港水族館に到着したのは2003年10月29日。和歌山県太地町立くじらの博物館から、人工繁殖の共同研究の為に、5年間の期限付きで借り受けたものでした。

大水槽を優雅に泳ぐ元気な頃のクーちゃん

そもそも野生のシャチはワシントン条約で捕獲や輸出入が規制されており、学術研究目的でのみ捕獲が認められています。太地町は元々「くじら漁」で栄えた「くじらの町」。何かと絶滅危惧を前に捕鯨については様々な場面で議論がなされていますが、「増え続けるクジラ、減る魚」という現象も無視はできまい。1997年、和歌山県太地町でシャチ(オルカ)の群れ10頭が湾に追い込まれ、そのうち5頭が捕獲され、数頭が各地の水族館へ売られていきました。クーちゃんは、この時捕獲された5頭のうちの1頭でした。当然、その当初からかなりの抗議や要望がだされていましたが、太地町ではその後も 「我々はシャチを家族で飼いたい、捕獲して研究したい、そういう思いを持つことがなぜ悪いんだろうか。どういう誹謗、中傷、非難があろうとも、私はそれを必ずやり遂げたいと願っております」。というコメントをしています。

みんなに愛されていたシャチのクーちゃん

1997年に太地町で捕獲された5頭のうち、紀伊白浜のアドベンチャーワールドへ搬入されたシャチ3頭は相次いで亡くなっており、4頭目である伊豆三津シーパラダイスのメスシャチのアスカもは、2007年9月19日午前7時5分に他界しています。そのアスカの一周忌である2008年9月19日、クーちゃんは共に大海原へ帰るかのように息を引き取りました。

母親がわりのイルカのVと泳ぐクーチャン

クーちゃんと共にくじらの博物館より名古屋港水族館へやってきた、母親役のイルカのVも、2007年2月6日に死亡しており、クーちゃんはみんなから愛されながらも、どこか孤独だったのでしょうか。それはそうですよね・・・・・、「繁殖の研究」とはいいつつ大水槽に同じ種が一種だけだなんて・・・・・、くら人々に愛されたって、やはり孤独だったのではないでしょうか?

トレーニング中のクーちゃん

でもやはりクーちゃんは、みんなから愛され親しまれてきました。ぷぷちゃんも何度かクーちゃんのトレーニングを実際に見たことがありますが、最初はただ、体温を測ってもらったりだけだったクーちゃんが、次第にヒトや他のクジラ仲間(イルカ)たちと遊ぶようになり、イルカがジャンプしているのをまねて自分もジャンプするようになったり、楽しく運動したり・・・・。もっとも、イルカたちと違ってクーちゃんはかなり神経質で気まぐれなので、機嫌が悪い時は何もしなかったり・・・・・、もっと機嫌が悪いと、他のイルカたちにまで拒否されたりもしていましたが、機嫌がいいときは豪快なジャンプも披露してくれ、シャシの持つ素晴らしさを私たちに教えてくれました。

豪快にジャンプするシャチのクーちゃん

お首をフリフリえさを貰うクーちゃん

|動画|クーちゃんのトレーニング日誌 画像をクリックしてね


「アスカ」に続き「クー」が亡くなり、これで国内でシャチを飼育しているのは、くじらの博物館をのぞくと、千葉県の鴨川シーワールドだけになりました。ぷぷちゃんは、くじらやシャチの捕獲や人工環境下での飼育や繁殖がむやみにいけないとは思いません。千葉の鴨川(およびその近辺)も、元々くじら漁との結びつきの強い地域で、シーワールドでも開館当初よりシャチを飼育。そして、1997年には、雄の「ビンゴ」と、雌の「ステラ」との間に繁殖が確認され、1998年に第一子ラビー誕生(日本動物園水族館協会繁殖賞受賞)。その後も2001年にララ、2003年にサラ、2006年にランの計4頭(全て雌、2006年にサラは死亡)の出産に成功し、ファミリーでショーを行っています。
|動画|シャチのびっくり perfoemance

生き物たちの「死」を通して、命の大切さを再認識していきたいです。ヒトも、生き物たちも、そして「地球」も・・・・・・。

2007年08月08日

Blog Pet ぺんぎん背景素材無料配布開始!

「Blog Pet 」に待望のペンギンキャラが登場!
・・・・って、すでにちょっと前のことだけどね^^

さて、サイト 『ぺんぷぷ』 では、この度、Blog Pet 用の
「背景素材配布ページ」を新設しました!
もちろん、テーマは「ペンギン」!

 
ぷぷちゃんが撮影したペンギン写真を元にした
「背景素材」を「無料配布素材」としてUPしました。

使用は 「Blog Pet 背景」に限っていますが、
「こぺんぎん」ユーザの方以外も、もちろんOKよ^^

使用報告は不要ですが、「みにぷぷ」や、
BLOG、掲示板等へメッセージいただけると喜びます。
楽しく使ってね^^

2006年10月05日

名古屋港散策


久しぶりに名古屋港へお出かけをした。メインはもちろん名古屋港水族館。何度か出かけているものの、なかなかいい感じの皇帝ペンギンの写真がとれない・・・・。午前中は比較的、「陸」の部分にいることが多いものの、一日の大半は「海」の部分にいるから・・・・。また、「陸」にいる時は、毛繕いしている時が多く、頭が見えない・・・・。


おっ! いるいる! 実はこの写真を撮る前にも1度ペンギン水槽へ寄ったのですが、その時は毛繕い&1羽は腹這いになって寝ていてあまりペンギンらしい写真がとれなかったけど、今度はちゃんと立っている! はじめて、まともに皇帝ペンギンの立ち姿の写真がとれた??? でも、首をちぢめているので、まんまる・・・・。お首のばさないかな・・・・、しばらく待ったけど、ずっとまんまるなまま(TT) まぁ、今回はこれでいいか・・・また来よう。


水槽ごしのシャチのクーちゃん。鴨川のシャチファミリーのパパ&ママにくらべたらまだまだずっと小柄。名古屋港のメインプールは何度観てもデカいなぁ・・・・・。大きなシャチもしっかり潜ることができます。(ペンギンさんもコッチの水槽で泳がせてあげたいわww 最近、個体数も増えてとっても狭い感じなの・・・・)


イルカちゃんが近寄ってきました。とても可愛い!

★動画付き

★こちらから動画ページへリンクしています★
※BLOG戻るときはブラウザの戻るボタンで戻ってね


名古屋港には、第2代目の南極観測船「ふじ」が永久係留されています。第1代目の「宗谷」は、東京・お台場「船の科学館」に永久係留されています。ふじは、1965年から18年間、日本初の本格的な砕氷船として活躍しました。ふじという名前は、一般公募で44万通もの中から選ばれたそうです。1983年に現在活躍中の「しらせ」と交代。その「ふじ」の永久係留には、名古屋をはじめ7自治体が誘致に名乗りを上げ、「原形のまま海に浮かべ、生きた教材にしたい」という名古屋の案が認められ、翌1984年から名古屋港に「南極の博物館」として展示されています。
ふじについて→ http://www.nagoyaminato.or.jp/fuji/


ふじに搭載された輸送用ヘリ。


さて、名古屋港散策の最終は、名古屋港イタリア村。


イタリア人職人が生地から手作りでのばし、薪釜で焼き上げたピッツァ! とぉ~っても美味しかったよ!


おまけは「名古屋港」ではなく、ぷぷちゃんの家の近くにあるナゴヤドーム前イオンの中のデザートフォレスト! デザートがやまのようにある人気店です^^ OPEN当時は長蛇の列でした・・・・。

2006年08月24日

鴨川シーワールド

8月19日、20日と、久しぶりに東京・千葉へ行ってきました。
19日は上野の科学博物館で『ふしぎ大陸南極展2006』を満喫!
夜は、南房白浜で一泊して、翌20日に鴨川へ!
今までさんざ千葉で遊んでおきながら、なぜか行ってなかった
(前はよく通りすぎるんだけどね^^)


シャチ・ファミリーのお父さん、ビンゴ! 日本最大のシャチ。
デカ! デカイだけじゃなく、華麗なワザも! 
★こちらから動画ページへリンクしています★
*BLOGに戻る時はブラウザの戻るボタンで戻ってね^^


お母さんステラと、今年生まれた赤ちゃんのラン! 赤ちゃんはちょっぴりオレンジがかっているのが特徴、すくすく育っています^


鴨シー名物(?) 笑うアシカ・・・・・。笑ってるよ・・・ホント。


バンドウイルカのジャーンプ!


カマイルカのボール運び・・・・ちょっと変わった運び方(^^


キング様は抱卵中^^


お外にはフンボルト君がいました^^

他にも、ラッコやアザラシ君などの楽しい動画もいろいろ撮ってきましたが、それはまたそのうち「本サイト」にて公開^^


2006年04月21日

浜松市動物園にて(4)


ひつじさんがなんとなく戦闘態勢… (*○*;) ギョッ \(〇_o)/コワイヨー
他にも、鞄ゴソゴソすると妙にみんな集まってきたりして…
(・ ・;))。。オロオロ。。''((;・ ・)


わらびぃ?

ねてるの・・・

ねてる・・・(-_-)zzz… ほかのところでもロップイヤーちゃんサワサワしたけど… みんな寝てるの… 起きないの… すぴぴ zzz…

浜松市動物園にて(2)


やっぱり動物園は落ち着くね^^ ぷぷちゃんは「水族館」もだけど、「動物園」や「牧場」へ遊びに行くのが大好きです。なんとなぁく、ゆったりできるのがとてもいいです^^



自然(まぁ人工的な・・・・ではあるけどね)の中にいるだけで、なんだか心が洗われていくような、そんな気がします。




よいしょ、よしよ・・・何々? 
モゾモゾ・・・・ レッサーパンダは? いないよ! いないよ! 



わぁ~、ク、熊だぁ~! 
やっぱ近くで見ると迫力あるなぁ・・・・。 w(゜o゜)w



こっちは白熊くん
・・・・ なんだか不安げに見えるのはなぜ?



お食事中のアザラシくん。
飼育員さんが放り投げた魚をナイスキャッチ! (・~・)゛




園内には昆虫館もあって、いろんなムシも展示されてます。私は結構虫って好きです…。カブトムシや蝶々はもとより… バッタ、カマキリ、セミ、かたつむり、てんとう虫… 小さい時に家族のツテもあって、とある昆虫博物館の館長先生に会った思いでもあって… 虫好きになったみたいです…
ところで「甲虫類」… って、昆虫の40%ってとてつもなく大きなグループを占め、それはもう動物全体でも最大の「目」だそうですね…。いろんな種があって楽しそう! o(^-^)o



平日なので売店はお休みでしたが、なかなか味のあるポップなので記念にパチリ・・・・。



夏マニューはこっそりと奥に隠してありました・・・・・ 隠してあるんだから写すなよ・・・って (^-^;

2005年09月14日

2005箱根(10)-箱根園水族館


やぁ!! まずはやってきました、とにもかくにもペンギンです!



ところで、ここの水族館はガラスがかなりくもっていてイマイチ綺麗に撮れません・・・・・。



o(^-^)o キャットフィッシュ! ユーモラスな顔だね!


ウーパールーパー

w(゜o゜)w 昔流行ったよね! あんまりよく写ってなくてわかりにくいかもしれないけど…


バイカルアザラシ

さらに見えにくいとおもうけど、バイカルアザラシです(^_^;) 魚雷!? ペンギンもだけど、こっちの方がさらにミリタリチックだね… なんか他人とは思えなくって、じぃ~っと(゜_゜見てました。ところで、アザラシって漢字だと、「海豹」って書くんだね… なんかにあわなぁい(ーー;)

甲羅がかわってるの

なんだか変わった甲羅の亀。ネットに入ったチーズみたい…


↓さて、箱根園水族館の写真の続きは追記で!

2005箱根(10)-箱根園水族館の続きを読む

2005年07月16日

ヤフーBBマガジン」2005年9・10合併号に『お外へ出たい』掲載


ソフトバンクパブリッシング株式会社の「ヤフーBBマガジン 2005年9・10合併号」に
penguin.pupu.コミュニ・ミニシアターより、
ミナミコアリクイ君のおもしろミニ動画 『お外へ出たい』 が掲載されました。

雑誌名:ヤフーBBマガジン(現:『ねっため』)
掲載号:2005年9・10合併号
企画名:『夏恒例!衝撃の無料ムービー250本』
発 行:ソフトバンクパブリッシング
発行日:2005年9月1日発行(7月16日発売)
    第5巻第9号通巻46号
    雑誌08853-10 定価:680円

 発行元オフィシャルサイト→ http://www.nettame.jp/

2005年06月24日

雑誌紹介のオファー


某誌より、サイトpenguin.pupu.の中のミニ動画を紹介したいというオファーを頂きました #~(^▽^ *)

詳細決まりましたらまた後日ご報告!

以前にも旭硝子さんにお声をかけていただいたり
すごく勇気づけられます。
これもひとえにサイトに来てくださって
そして私に声をかけてくださる皆様の
暖かい心の賜だと心より思っています。

2005年05月20日

エプソン品川アクアスタジウム

ぺんぎん詣で最終ラウンド
最後は品川プリンスホテルへ行きました。


ぺんぎん新スポット!

もちろん最近OPENしたエプソン品川アクアスタジウムへ行きます^^


夜10時まで営業している多目的(?)水族館です。
屋内ながらもイルカのパフォーマンスなどもあります。


品プリのペンギン

バックの夕日が綺麗・・・ って、このあたりで携帯の電池がなくなってきたので・・・本当に綺麗な画像は、デジカメ板の「本編」でいずれ^^ ペンギンの種類は「キング」「ケープ」「イワトビ」みんなとても綺麗です。


サンシャイン国際水族館

サンシャイン国際水族館へ来ました


水族館でのパーティ・・・なんていいな~!


サンシャインのアシカショー


いろんなお魚がいます


ケープペンギンがいっぱい^^ なかなか健康そうでした。


羽もつややかです^^


サンシャイン国際水族館には四つ足動物もいます。


ミナミコアリクイ

なんだかアニメか何かのキャラのよう^^ あちこちウロウロしては、自分で勝
手にドアを開けて出て行ってしまったりするそうです・・・(笑)

上野動物園


おはようございます。ぷぷちゃんは、上野動物園へ来ました。
かつて何度も来ているんだけどね A(^_^ ; 改めてぺんぎんの撮影にやってきました♪


えっと・・・・順路にそって、まずはパンダ舎から・・・・かしら
うまくうつらないけどレッサーパンダ。


やっぱりあんまりうまく写っていないけど、ジャイアントパンダです。




行楽日和ですね^^  上野界隈は多数の修学旅行性やら遠足の人々でいっぱいでした。


上野動物園東園のケープペンギンです。


上野動物園のキング様。
今日は暑いので冷房室の中にいらっしゃいました。


上野動物園はなぜか東園にも西園にもケープペンギンがいる・・・。なぜ・・・


かき氷の器もぺんぎんだ^^


駅のキオスクではスニッカーズなどを冷やした「冷えチョコ」が好評~♪


2005年04月12日

満開の桜の木の下で

4月9日に出かけた東山動物園の様子をデジカメ版で^^
桜、幹と枝の形がおもしろい。


コアラ

コアラ、思ったよりいっぱいいました・・・・ いまひとつこっちを向いてくれないんですが、大半のコたちは眠ってました(TT)


イワトビ



動物園内のお店の裏手にこんなんいました、誰??? なんでゴミの横につったってるの? 私が写真とってたので、道行く子どもが「なんだろう」って近づいて見ていました。


2004年09月08日

八景島


八景島シーワールドのアクアミュージアムへ行ってきました。2日連続ぺんぎん三昧です。


キングペンギン

水中からの眺めがとくにおもしろい。水がとてもきれいなのでこんなショットも撮影できます。


ペンギンは水中を飛ぶ

ペンギンって「鳥」なんだなって改めて思うくらい、ペンギンは水の中で自由にはばたきます。


エイの顔

エイの顔って、なんだか漫画チックな人間の顔のようですね。


イルカのヒーリング効果

イルカとのコミュニケーションは、私たちの日頃のストレス解消にとても効果的です。イルカの優しい目を見ているだけでなんだかとても心がやすらぎます。


海の妖精

ベルーガとも呼ばれる、神秘なる妖精のような白イルカ。優雅な姿にとても癒されます。


2004年09月07日

江ノ島


世の中台風と地震なのに、江ノ島へ来ました。



新江の島水族館へ行きました。新しくなってパワーアップです。


ぺんぎん

ここのぺんぎんもすごくかわいいです。


自然

今回の台風も、本当にすさまざかったでせね。なんだか台風、地震、噴火をよそにほけほけしてますが、でも、自然がもつエネルギーは恐ろしくもあるけど、すばらしい。


2004年09月03日

かおかおエモーション


美術博物館にて「かおかおエモーション展」開始。動物たちの色んな表情を集めてみました。

2004年07月19日

いわとびシネマハウス登場


いわとびシネマハウスにて、ミニ動画を配信。今後、「ぺんぎん」や「海の仲間」「水族館ショー」中心の【いわとびシネマハウス】と、その他の日常ミニ動画の【コミュニミニシアター】の二本立てで映像配信予定。動画配信にはビッグローブのハピショットを利用。

2004年06月16日

大洗のペンギンさん

茨城の大洗水族館へ行きました。

ペンギンを見るぞ~

大洗水族館では、あまり時間がなかったので、とにかくペンギンへまっしぐら~ ここには種類としてはフンボルトペンギンのみですが、個体数は多めで、みんな健康で元気なイメージでした。屋外展示なので、人工の洞窟なんかもあって、ペンギンの好奇心をあおります。


水槽は水も綺麗で、とても気持ちよさそうです。いっしょにプカプカ泳ぎたい!!!

いろんな表情のコがいるね^^


やぁ! キミも元気かい?

って、ペンギンと同じ目線で会話するのも楽しいです^^

2003年10月30日

まだつかないの


東京モーターショーへ出かけたはずのぷぷちゃんですが、まだ幕張につかないの・・・・って、だって、葛西で「ペンギン」見てるんだもん・・・・・って。あのね、あのね、やっぱり、ぷぷちゃん的には、やっぱりぺんぎんの うるうる目には弱くって… 。まぁ、いいか、いっつもこんなんだし。ってことで今から幕張移動。

2003年10月18日

もう、ご覧いただいたかも知れませんが・・・


名古屋港水族館の海の仲間の写真をUPしました。

今、やりたいことしなきゃいけないことが、体の中に、いっぱいいっぱいあって、なんだかちょっと苦しくなってきました・・・・ぜぇぜぇ・・・1日が、せめてあと5倍は欲しいと思います。

今、やりたいこと
1.正規OPEN用のファイル作成したい
2.それに伴うモロモロの勉強したい
3.絵日記の続き書きたい
4.旅行行ったときの写真アップしたい
5.ペンギングッズの写真も撮ってアップしたい
6.豊橋のペンギンの写真もアップしたい
7.CGI組みたい
8.工作はどうなったんだろう
9.イラスト・・・・本当は、のんびり描きたい
10.お話もゆっくり書きたい・・・・

・・・・と、あっぷあっぷしてます。私、失業してまで、仕事してる時と同じような毎日なんだろう。「つくらなきゃ、掲載しなきゃ、考えなきゃ」はれぇぇぇ~ ふと、家の中の母親を見ると、せっせと山のような毛糸に囲まれ、「編み物」だ、「刺繍」だ、彫刻刀振りかざして「木彫り」だ・・・・と、奮闘してます。・・・そんな親子です・・・・

2003年10月14日

只今ファイルの整理中~


本番用に向けて、ファイルの整理をしています。フォルダーとファイル名の整理が主なので、できあがっても見た目はあまり変わりませんが・・・・
それと平行して「海の仲間」ページも作ってます!

昨日は、ちょっとサーバの方が変だったりもしてあまりはかどらなかったけど、今日は・・・・・・、あ、午後から出かけるんだったワ・・・・まぁいいや、ぼちぼち進めよう! ってことで、カメです! 名古屋港水族館のコだよ!

2003年10月10日

動物園

このコは今日の日記に直接関係ありません

このコも今日の日記に直接関係ありません。


今日、最初は浜松の動物園へ行こうと思ったんだけど、なんだか豊橋の動物園に変更です! 4種類のペンギンさんの大所帯のところらしいの・・・・・楽しみ!

秋の遠足シーズンです 豊橋駅にて

のんほいパーク(駐車場だけど)

パークで食べる栗ご飯


本編(サイト本体)の方でも後ほど掲載する予定ですが。豊橋の大所帯のぺんぎんです。最初は適度に泳いでる子もいれば、ボーっとしている子もいたのに、閉園間近の時間になったら、みんな一斉に泳いでいたんです。な、何コレ!? って感じです。30羽以上ものぺんぎんが、まるで洗濯機の中のような状態でわんさかと泳いでいました・・・・・。なぞです!


2003年10月08日

海の仲間の編集中~


ただいま写真の編集を実施中! ぺんぎん以外にも、海の仲間をいろいろ掲載するよ!

2003年09月26日

名古屋港水族館へ来ました


久々です。いつのまにかでかくなりました。追ってまた写真UPします。

2003年09月25日

またおでかけ?


なんか明日は名古屋港水族館へ行って、あさっては岐阜へ行くらしい。おでかけが多いな・・・。また写真とってこ・・・って編集・掲載が追いつかない~あ、普通「編集」とか「掲載」って言わないのかなぁ?

まぁ、いいや。

2003年09月09日

ジャングルパークへ来たよ~ん♪ (2)


園内には可愛い小動物も^^ このこは、りすざる君ですね♪
パークが閉園になった後、このコもどこかへ転園されるんでしょうね・・・・。



目に楽しいカラフルな植物たち。



私は、ハイビスカスが大好きです! 2大「大好きな花」が「ハイビスカス」と、「ひまわり」。どちらもパーッと明るいのがいいですね^^



大きなサボテンです。サボテンってとっても可愛く見えるんですが、トゲトゲ・・・・・・いたい。



果実がなっている植物の写真ってなかなか好きです。以前、ジャマイカへ行った時も、バナナやパイナップルの木の写真を楽しく撮影してきました♪



いたって、真摯なまなざしの、ミーアキャット君。あ、そ・・・・そんなに、見つめないで(汗



そうそうそうそう、やっぱり、その格好こそがミーアキャットだね♪



オウム



園内では色々な風景が楽しめます。



すぐ近くには石廊崎の灯台があり、周囲にはちょっとした散策コースも




さて、時間も過ぎ、石廊崎を後に・・・・・。楽しかった^^

ジャングルパークへ来たよ~ん♪ (1)

ではでは、あらためて、伊豆でのお写真UP!!!



伊豆へ来たよ~ん♪ 観光地へくると、道路標識にもなんだかウキウキしますね



途中、海へ寄ってみました^^ ちょっと休憩~!!!



足だけちゃぷちゃぷ、きもちいいな~♪



海辺のお店で、早めのランチ! 豪華だぢょ~ん!
豪華絢爛、伊勢エビ天丼! 気合い入ってます!!!



私が食べたのはこちら、伊勢エビカレー!!!



石廊崎の海の景観って面白いよね^^ 画像を加工するとSFファンタジー風の背景など作れそうです。



・・・・・と、いうわけで、やっと到着。ジャングルパーク!!!



木彫りがお出迎え^^



あたりはまるでジャングル! うっそうとした木々で覆われています。