Search


2009年10月30日

長崎(28)|グラバー園

★10月25日の内容です★

さて、グラバー園。

まずは正しいグラバー園のショットから。

そもそも「グラバー園」って・・・・。まず、グラバーさんというのは、人の名前です。時は、ペリーの浦賀入港6年後の1859年(安政6年)、横浜・函館ともに開港された長崎に、開港と同時に21歳で来日し、グラバー商会を設立。幕末の激動の時代の中、志士達を陰で支え、伊藤博文らの英国留学を手伝うなど人々への援助を行い、明治以降は純経済人として、日本の近代科学技術の導入に貢献した人です。長崎港を見下ろす絶景地にあるこのグラバー園には、グラバー氏をはじめとし、日本近代化に貢献した人々の邸宅を中心に大切な遺構を出来る限り保存しようと集められ、歴史ロマンに彩られた庭園となっています。

トーマス・ブレーク・グラバー(1838~1911)

以下、実際に観た順番とは関係なくUPしています。ほぼ解説抜きです。










trackbacks

trackbackURL: